来週はTOEIC

来週の日曜日はTOEIC公開テストです。前回の受験からもう一か月。早いものです。

次回の受験で、公開テストの受験回数が50回となります。昨日気が付きました。受験歴においては、ようやく中堅どころと胸を張れると思います。

ひとつの節目と言えますで、今思うことを書きます。

かれこれ5年くらいまえからTOEICに魅せられ、今に至っています。TOEIC公開テストの2時間では、界王拳よろしく平生の10倍は寿命を燃やしていますので、だいぶ老け込みました。

もうそろそろTOEIC(英語)もいいかな、他にもなにか打ち込むべきことを見つけないとなと思ったりも正直しています。その一方で、もうちょっと頑張ってみろよと松岡○造みたいなことを言いたがる自分もいます。その辺の雑感はうまいことアウフヘーベンしていかなければと思います。ぼちぼちいい歳こいた大人なので、自分を律する器量くらいは持たなければなりません。

TOEICは続けます。しかし、TOEICに特化した学習の必要性を最近はあまり感じていません。ここ1年で、狭義のTOEIC対策としてやっているのは、直前期に公式問題やそれに準ずる品質の模試を解いて正解への嗅覚を研ぎ澄ませることくらいです。今や、あらゆる英語をTOEIC的切り口で眺められるようになりました(TOEICマニアの一つの末路進化形として一応自負したい点)ので、TOEICのコンテンツに依存しなくてもよくなっています。

今の自分をTOEICに駆り立てているのは、テスト本番2時間の面白さにつきます。持てるすべてを駆使し、命を削って最高の成果をたたき出す。こんな楽しいことは僕の狭量な人生において他にありませんでした。公開テストを受けた後の爽快感、望む結果を勝ち取った時の喜びは、だれに下らねえと断じられようが、代えがたい尊きものです。この辺は感性的なもので、理屈ではありません。

本番2時間に熱い闘志を燃やせなくなったら、そのときは引き際だと思っています。自分を育ててくれたTOEICとETSに最敬礼し、辞去することになると思います。幸い、TOEICを通じて学習を継続してきた成果が、遅まきながら芽吹きはじめている実感がありますので、他の領域(英語に限らず)でも、やっていけそうな気がしています。

先月よりTOEICは代変わりしパワーアップしました。また新たな気持ちで公開テストの2時間に挑むことができますので、隠居はしばらく先になりそうです。

50回目のTOEIC、気合を入れて臨みたいと思います。直前対策、頑張りましょう!

TOEIC青年部 夏合宿のご案内

謎の行事、TOEIC青年部夏合宿のご案内です。

今年で3回目です。毎年仲間と共に、夏の海を楽しんでいます。

以下の概要をご確認の上、ご応募ください。

     ★★

日時: 8/6(土)-8/8(火)

集合場所: 東京駅周辺

行き先: 海水浴場のある観光地(検討中)

定員: 最大10名程度。既に参加予定者が数名決まっています。

応募条件: 大変恐縮ですがHBKと面識、交流のあるTOEIC/英語学習者の方に限らせて頂きます。

応募方法: Twitterの僕のアカウント(HeadbuttK)に参加表明のDMをご送付ください。諸々調整後、詳細をお伝え致します。
メールアドレスをお尋ねする可能性がありますが、合宿に関わる連絡以外の目的では一切使用しません。

応募期間: 本日~6月中(状況に応じて延期or予告なき締切の可能性あり)

Remarks(順不同)
TOEICや英語学習は行いません。海水浴(と観光)のみです。
あんな方やこんな方が来る予定です。毎年意外な人が来ています。
日程の一部のみの参加も歓迎します。日帰りも(一応)可です。
海は危険な場所です。無理な遊泳や、それを他の参加者にそそのかす行為等はお控えください。
悲しいかな、男子の参加者の方が多い状況です。女性歓迎。
状況によりご参加をお断りする可能性があります。
風紀を守ったご参加をお願い致します。

     ★★

以上です。

いっときTOEICや英語学習から離れ、童心に帰って遊んでみると、想像以上に良い思い出になるものです。
緩く募集しております。ご応募お待ちしております。

990マニア

990点をどうむしり取っていくかについて考えます。

VOZEさんが随分昔に仰っていたことですが、990点にも様々な段階があります。

A. 運よく990点が取れる
B. たまに990点が取れる
C. たまに990点が取れない
D. 常に990点しか取れない

990点を取った後TOEICの世界に残る場合は、この段階を登って行くことが、スコアアップに代わる楽しみとなっていきます。

僕はBとCの間までは到達出来た実感があります。
Cに至るには何をしなければならないか、僕にとっては、リーディングのスコアをどう安定させていくか、ということが目下の課題です。

今年はPart5に偏った教材を使って対策していました。これは、Part5で泣きを見る事が多いという体験から自ずと選び取った道と思われます。また、Part7でもたまにしくじるので、Targetシリーズのような良質な問題集を使って訓練しました。一方、模試は殆ど解いていませんでした。既に本番での気持ちの持っていき方、問題の捌き方は充分研ぎ澄まされている自負がありますし、この感覚は公開テストでないともう伸びないと感じてきているからです。

触れたものは主に以下です。(すみません、通称で書きます。)
1. プラマガ
2. 900点特急2
3. Targetシリーズ Part5 / Part7
4. 1000本ノック
5. でる1000
6. 究めろ Part5

模試を解かないことに不安はありましたが、結果は悪くありませんでした。今年は5回以上990点が出ています。

また、TOEIC以外の英語資源にも触れていました。具体的には、TIME Mobileをはじめ、興味関心の湧いた英文記事、英検、ビジネス英語等にこれまで以上に手を出しました。これには実務に耐えうる英語力を目指す為(関係ない話なので、ここでは割愛)と、TOEICを先回りする為の2つの意図がありました。

TOEICを先回りする、というのは、ETSが送り込んだ刺客(990点をとらせない問題)を初見でブチ倒すことです。
初見で解けずにリサイクルで正解する、というのは、ハッキリ言ってTOEICの後手に回っています。連続で受験してリサイクル問題を把握しているから990点が取れるだけで、まっさらな200問を解いたとき990点を取れる保証はありません。

僕のようなまだまだTOEICの後手に回っている人間の正解構成(リーディング)はこういう感じです。

自力で正解 97問
リサイクルで正解 1問
TOEIC的勘で正解 1問
----------------------------------------------
正解数 99/100問

公開テスト後に某若手TOEICプロ講師の方と意見交換をするのですが、この方は実力・安定感がズバ抜けています。僕が不安と共に正解した問題や、サッパリ分からず間違えた問題などを、過去の英語経験や自前の知識に基づいて、易々と正解されます。圧倒的な地力の差を痛感しますし、「この方はTOEICの先を行っているなぁ」と感じます。

TOEICの先回りをしている人の正解構成(リーディング)はいたってシンプル。

自力で正解 100問
----------------------------------------------
正解数 100/100問

恐らく2016年5月にTOEICがリニューアルされてもこういう方のスコアは変わらないでしょう。

800点台の受験者が900点を取るためにそれまでの学習方法を変えるように、僕自身にとっても必要な努力も、徐々に変わってくるのでしょう(再現性が低く、密教化していくと思います)。幸いなことに、990点の中での段階が進んでいくにつれて、英語に対する抵抗感が少しずつ減ってきているのを感じています。

来たるリニューアル後には、不慣れな問題が増えてTOEIC的勘が利きにくくなる、リサイクルの割合が減り、より多くの初見の難問を捌かねばならなくなるなどの事態が予想されますので、スコアが落ちるのは必至ですが、990点ゲットに向けて楽しんでいければと思います。

990点を取ってからの話

ETSの鼻っ柱をヘシ折るにはどうすれば良いか。

まず自分の近況について考えてみます。

- 先日届いた9月の公開テストのアビメを見たところ、L-2/R-2で、超ギリギリの990点だった。
- 新刊の「900点特急2」を解いたところ、各Round大体2問ずつ間違えた。

まだ先がある事は明らかです。僕はTOEICマニアとしてスコアにこだわりたいので、このままではいられません。

今やっている対策は以下です。

- 英検1級を受けて、TOEICに先んじられる知識を補完する。
- 英文記事を読んで、感覚を養う。

これでRCの得点力がいくらか上がりました。

具体的に言うと、RCの正解数が97~99問のレンジから、98~100問のレンジに収まる事が多くなったようです。この効果ははっきり言って滅茶苦茶デカいです。990点に挑み続けるTOEICkerならお分かり頂けるかと思いますが、990点がグンと出やすくなります。

しかし、まだ安全圏とは言えません。RC98問正解ではR495はまず出ないからです。

よって、RCの正解数レンジを99~100問正解に引き上げるのが、次の課題となります。恐らく、今の対策をより徹底的に続ければこのレベルにはたどり着けると思います。今はそこを目指したいと思っています。

幸いだと思うのは、自分が英検や英文記事に自発的に取り組める気質であったことと、TOEICの枠外の情報をTOEICの世界に引っ張りこんで使いたいという奇特な感情を持てたことです。当然ながら僕個人の嗜好を反映したこの対策は、TOEIC対策としての再現性や普遍性は全く無いので、人にはすすめません。中には嬉嬉としてTOEICから離れた学習をすすめてしまう人もいますが、そんなことをせずとも、キッチリTOEIC対策をすれば990点は取れます。暴論じみた持論ですが、TOEIC対策は990点を保証します。

常にRC100問正解を狙えるようになる為に具体的に何をしたらよいかは想像がつきません。保留です。ただ一つ感じるのは、公開テストで英語的な気づきを得ているうちはダメだなということです。

LCについては、最近モチベーションが出ず、対策をやっていません。いずれ「このままではイカン」と思ってヤル気が出てくるはずなので、気長にそれを待ちます。

990点の世界は実に奥が深いです。自分が望む990点を取るには、まだまだやることが沢山です。

電子版TIME読解中の脳内再現

僕が電子版TIMEを読んでいるときの脳内を書いてみました。
下記英文の各段落の下にある日文がそれです。

きったねえ思考過程です。なまなましさを出す為、邦訳もあえてほぼ無修正にしました。
ホントは更に汚いですが、それをそのまま書くと文章にならないので、少しだけ通りを良くしている箇所はあります。

転載元→ http://time.com/4060476/eu-gmo-crops-european-union-opt-out/

Over Half of E.U. Countries Are Opting Out of GMOs
E.U.の半分以上の国々がGMOをやめている。

16 countries want to prohibit genetically modified crops
16もの国が禁止したい。遺伝子組み換え作物を。

Members of the economic bloc have until Oct. 3 to let the E.U. know if they were requesting to opt out of growing GMO produce from major companies like Monsanto, Dow, Syngenta and Pioneer, and according to the Food Navigator, a food trade publication, countries including Germany, Italy, Denmark, Bulgaria and Cyprus recently filed their requests and applications, increasing the number to 16. Exactly how many countries will ultimately opt out could be confirmed as soon as Monday.
環境blocのメンバーは、10月3までにEUに伝えなければならない。彼らが要求するかどうか。GMO作物を育てるのをやめることを。MonsantoやDowやSyngentやPioneerなどの主要会社に。そしてFood Navigatorによると、食物の交易をウリにしている国々例えばGermanyやItalyやDenmarkやBulgariaそしてCyprusが最近要求した。彼らの想いと申し込みを。その数は16に上った。まさにいどれだけ多くの国々が最終的にやめるかは早くても月曜わかる。

In August, Scotland publicly said it would prohibit GMO crops out of concern that they could damage the country’s “clean and green” brand.
8月にScotlandが公にしたことには、同国がGMO作物をやめるとのこと。それはある恐れからである。彼らが国の「クリーン」や「緑豊かな」イメージを損うという恐れだ。

“Scotland is known around the world for our beautiful natural environment – and banning growing genetically modified crops will protect and further enhance our clean, green status,” Rural affairs secretary Richard Lochhead said in a statement at the time.
「Scotlandは広く知られている。美しい自然環境で。-そして遺伝子組み換え作物を育てる事を禁じることにより、守り、さらに促進する。綺麗で緑豊かな状態をである」。田舎環境に関する秘書のRichard Lochheadがある声明においてこう述べた。

“A growing number of governments are rejecting the commission’s drive for GM crop approvals,” Greenpeace’s E.U. food policy director Franziska Achterberg told the Guardian. “They don’t trust the E.U. safety assessments and are rightly taking action to protect their agriculture and food. The only way to restore trust in the E.U. system now is for the commission to hit the pause button on GM crop approvals and to urgently reform safety testing and the approval system.”
「うなぎ上りで各国政府が拒否している、その団体のGM作物の承認推進活動を」とGreenpeaceのEU食料製作指揮者のFranzika AchterbergがGuadianにそう述べた。「各国政府はEUの安全査定を信用していないし、正しく行動を起こしている。即ち彼らの農業や食料を守るための活動である。唯一の信頼を回復する道は、EUのシステムにおいて、いまやそれはストップボタンをGM作物承認に対して押す事であり、すぐさま刷新する事だ。安全テストや承認システムを。」

The Guardian reports that environmentalists have praised the news, while industry and biotech supporters have responded to opt-outs with “weary resignation.”
「Guardianが伝えることには、環境専門家はこのニュースをたたえた、一方で産業やバイオテックの支持者はこの、GM作物離れをやなかんじの離脱だと反応した」

“The new E.U. legislation allowing these bans is a ‘stop’ sign for agricultural cultivation that sends a negative signal for all innovative industries considering investing in Europe,” Beat Spath, the director of the industry group Europabio, told the Guardian.
新たなEUの制度は、これらの禁止をゆるす。ストップサインを農業的な発達、それは送る。ねがってぃぶなシグナルをあらゆる革新的な産業、欧州に投資しようとしている産業である。」とBeat Spath、すなわち産業グループEuropabioの長である人物は伝えたGuardianに。

The science community holds a variety of opinions on GMOs. Some members, like Jonathan Foley, executive director of the California Academy of Sciences argue the problem with GMOs isn’t necessary the technology, but the fact that they haven’t lived up to their hype. Genetically modified crops have not fully delivered on promises to drastically reduce world hungry or significantly cut down on the need for pesticides.
科学コミュニティは様々な選択肢を抱いている。GMOについて。中には、Jonathan Foleyのように、彼は上級ディレクターとしてCalifornia Academy of Schiencesで働く、GMOの問題は技術そのものではなく、期待にかなっていない事だ。実しやかに囁かれていたレベルでは。遺伝子組み換え作物は完全には配給されていない。約束したではないか、世界の飢餓を大きく解消すると、あるいは、大幅に殺虫剤の必要性を減らすと。

In the U.S., GMOs have been in the food supply for around 20 years, and are regulated by federal groups including the U.S. Food and Drug Administration (FDA). “While FDA regulates foods and ingredients, including foods made from [genetically engineered (GE)] plants, the agency neither supports GE plants based on their perceived benefits nor opposes them based on their perceived risks,” the agency says.
米国ではGMO作物は入っている。食物の供給チェーンに20年に渡って。そして管理されている、連邦グループであるU.S Food and Drug Administration(FDA)によって。「FDAは食料や材料を規制する、遺伝子操作によってつくられた食物も含めて。しかしその一方で、彼らはGE作物を推進してはいない、それらがもたらす利益があるからといって、また、それらがもたらすリスクがあるからといって、反対もしていない」と同団体は述べた。

多分色々読み間違えていると思います。理解度はせいぜい70%というところでしょうか。

これくらい読めていれば、これ以上深入りはせず、TwitterにRTして他の記事に手を出すようにしています。
プロフィール

HeadbuttK

Author:HeadbuttK
(略称:HBK)
崖っぷち会社員。

TOEICマニアです。
TOEIC990点を25回取得。

一応英検1級も取得。

謎団体「チーム寺子屋」所属

twitterでも同じHNで頻繁にTOEIC絡みの事を呟いてますので同志の方は何卒フォローをば。

☆TOEIC戦績☆
---昔---
01回:710(345/365)
02回:825(450/375) IP
03回:870(480/390)
04回:800(415/385)
05回:890(450/440)
---2011年---
06回:915(480/435)
07回:960(495/465)
08回:950(485/465)
---2012年---
09回:955(495/460)
10回:970(490/480)
11回:970(495/475)
12回:975(495/480)
13回:960(495/465)
14回:985(495/490)
15回:990(素点97/98)
16回:990(素点98/99)
17回:985(495/490)
---2013年---
18回:985(495/490)
19回:960(495/465)
20回:985(495/490)
21回:970(495/475)
22回:985(495/490)
23回:990(全問正解!)
24回:955(495/460)
25回:980(495/485)
26回:970(495/475)
27回:975(485/490)
---2014年---
28回:985(495/490)
29回:990(素点98/100)
30回:990(素点98/100)
31回:985(490/495)
32回:990(素点99/99)
33回:990(素点98/100)
34回:985(495/490)
35回:980(490/490) IP
36回:990(素点98/100?)
37回:990(素点99/99) IP
38回:990(素点99/100?)
---2015年---
39回:990(素点98/100?)
40回:990(素点98/99?)
41回:985(490/495)
42回:990(素点98/99) IP
43回:985(495/490)
44回:980(495/485)
45回:990(素点100/99?)
46回:990(素点99/98?)
47回:985(495/490)
48回:990(素点98/100?)
49回:990(素点100/99?)
---2016年---
50回:990(素点99/99?)
51回:990(AM全100%)
52回:990(AM全100%)
以上、2代目TOEICとの戦績
以下、3代目TOEICとの戦績
53回:990(素点99/97?)
54回:985(495/490)
55回:990(未検証)
56回:980(495/485)
57回:990(素点99/99?)
58回:990(素点95/97?)
59回:980(495/485)
---2017年---
60回:990(素点97/96?)
61回:申込済
62回:申込済

☆英検1級戦績☆
6勝4敗4分
CSE2.0(戦闘力)2831
凡例:HBK得点/合格最低点
   1次   2次
01回:077/79|1次敗退
02回:071/81|1次敗退
03回:080/78|071/60
04回:072/81|1次敗退
05回:084/78|054/60
06回:092/78|081/60
07回:088/78|敵前逃亡
08回:087/80|066/60
09回:075/77|1次敗退
10回:093/83|064/60
11回:093/82|052/60
以下、CSE2.0導入後戦績
合格最低スコア(一律)↓
1次:2028 2次:602
   1次  2次  計
12回:2195|636|2831
13回:2190|584|2774
14回:2192|602|2794

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者数