TOEICマニアについて

TOEICマニアという人種がいます。

奇妙な価値観を持っていると思います。

スコアもしくはTOEICという試験そのものを追う者たちで
その果てに実践という目標がありません。
また、TOEICのスコアがあがったからといって
特に会社で厚遇されるわけでもなかったりします。

単純にTOEICが遊びの対象もしくは趣味なわけです。
人口で言ったら日本で数百人くらいしかいないと思います。

私も純然たるTOEICマニア…というわけではありませんが、
英語の一つの楽しみ方を味わう為に、自らをTOEICマニア化し
TOEICで遊んでいるところはあります。
私の中にいる英語キャラの一人という感じです。

TOEICマニアは純粋な英語屋から「ムダ」とか「ヘン」とか
結構口汚くののしられる、被差別者的立場にありますが、
TOEICマニア的な受け方や知識は、
TOEICというルールのある試験において実力を出す為に結構大事です。
TOEICの先に実践や社会的利益を見ている方でも、
一時TOEICを遊びのように考えてみるのも悪くないと思います。

「TOEICは無対策で挑んで英語力をチェックするべきものだろ?」
と言う方もいますが、TOEICにおいてはそれはやめた方が無難です。
先ほどは「ルールのある試験」と書きましたが、もう少し悪く書くと
TOEICは仕組みやつくりをある程度知らないと、
本来の実力すら出せない、実は不公平なテストだからです。

例えば、TOEICのパート7には2つの文章を読んで
5つの設問に答える問題(以下Double Passage:DP)がありますが、
その中には、2つの文章それぞれの情報を引き出し、
それらを組み合わせて総合的に判断しないと
正解を得られないものがあります。

これはTOEIC受験者なら皆知っているべき常識なのですが、
このことを知らない実力者が勇んで無対策でDPに挑んだとき
「正解は二つある文章のどちらかから探せばよい」
などと勝手に思い込んでしまったら
最終的に解けない事は無いにしろ、無駄に時間を食う事は必至です。
無駄に時間を食えば、実力を発揮出来る時間は減ります。
結果にも何らかの悪影響が出るでしょう。

このような「(仕組みを知らないせいで)実力を出せなかった」という、
カネを払ってまで陥りたくはない事態を避けたいが為に
色々考えた結果現れたのが諸々のテクニックであり
それらを擁するTOEICマニアだと思っています。

TOEICマニアの発言は、ときに英語そのものから
離れすぎている場合(再出可能性の高い問題がどうのとか)もあるものの
中には力をちゃんと出すための武器となる情報もありますので
発言の全てを無条件に切り捨てる必要はないと思います。

これは自己弁護ではありません。
実際、実力より低いスコアが出て納得する人は少ないでしょうし、
力を出し切れなかった、後悔の残るテストのスコアを
良しとする人も少ないでしょう。

そういうわけで、TOEIC的テクニックひいてはTOEICマニアの
地位向上に努めるという事を、来年の密かな目標にしたいと思います。

…無理かなぁ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

来年もよろしくお願いします

HBKさん、こんにちは。

「TOEICマニアさん達」とても面白い言葉ですね。
TOEICのルールや勉強法を学ぶために参考にさせていただいております。いつもありがとうございます。

私はTOEICを勉強することで、中・高の復習が出来たり、英語の話題に興味を持つことが出来たり、自分の限界の殻にヒビを入れたりi-179良いことばかりです。

来年もステキなTOEICマニアさん達を見せてくださいねi-179
良いお年を!!

こはるさん>

こはるさん、明けましておめでとうございます。

TOEICマニアも使いようです。
スコアが上がって喜ばない人はいませんし
それがうまいことヤル気につながる場合もあるわけですから。

今年もこのブログに限らず色々なチャンネルから
TOEICのコツを発信してまいりますので
何卒お付き合いのほど宜しくお願い申し上げます。

美容整形外科医 麻生泰のコメント

はじめまして。
美容整形外科医 麻生泰です。
素晴らしいブログですね。

TOEIC活用法

HBKさん:

昨年は素晴らしい1年になりましたね。
今年も、どうかよろしくお願いします。

「TOEC対策は、英語学習の邪道だ」
という意見は確かにありますね。

ただ、私たち日本人は、
「日常生活の中で英語に触れる、使う」機会が
あまりない人が多いと思います。

一方で、
TOEICは、日本各地(地方都市でも)受験でき、
今年は年間10回受験できます。
英語学習のペースメーカーとしてもっとも利便性の
高いシステムになっています。
スコアアップを目標にして、英語学習を維持する
これはTOEICにしかない特徴だと思います。

「TOEICのスコアアップ」を動機として
「英語学習が楽しい」「やりがいがある」
と感じるのであれば、文句を言われる筋合いは
ないと思います。

英語学習へのかかわり方、
人それぞれだと思うからです。

ところで、HBKさんが990点を達成できた要因、
これは一言でいうと何だと総括されますか?

990点手前で足踏みしている人たち(私か!)
にアドバイスがあれば、ぜひお願いします。

美容整形外科医 麻生泰さん>

ご意見ありがとうございます。

TOEIC受験者に限らず、
色々な立場の方にご覧頂けているようで、
嬉しいやら恥ずかしいやらという感じです。

戸育ぬり恵さん>

ぬり恵さん、明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

そうですね、英語との付き合い方は人それぞれ
そこに優劣を決める事など出来ないです。
しかし、TOEICのスコアを追う人は、どうも訳もなく劣勢に
立たされているような気がしていたたまれません。

私が990点を取れた要因ですか。
200問の正解根拠を徹底的に追い回す覚悟を決めた事でしょうか。
990点を本気で狙い始めるまでは、LもRも95問くらい正解でいいやと
思っていたのですが、そういう甘えを完全に絶ちました。

普段の練習はともかく、公開テストにおいては、
何が何でも正解選択肢に食らいつくつもりで頑張りました。
そういう姿勢が生きたのかもしれないと思っています。

恐れ入ります

HBKさん:

さっそくのご回答ありがとうございます。

TOEICチャレンジャーは
英語学習界では「主流派」のように
思えますけど、そうじゃないんでしょうか?

>200問の正解根拠を徹底的に追い回す覚悟を決めた

確かに、自分は誤答したときも
軽く流しちゃうところがありますね。
だから同じ問題を何度も間違えます。

HBKさんの姿勢を、見習います。



戸育ぬり恵さん>

>軽く流しちゃうところがありますね。
そうですかね!?

ぬり恵さんはいつものブログで
誤答した問題の振り返りを行ってらっしゃるので
全く問題はないと思います。

TOEICチャレンジャーは確かにメジャーな人種ですが、
その中に含まれる、英語力を伸ばすことよりも
スコアやTOEICという試験そのものを
追うことに魅力を感じているマニア的なタイプは、
残念ながらTwitter上などでは軽視される立場にあります。

気持ちは分からないでもないですけど。
プロフィール

HeadbuttK

Author:HeadbuttK
(略称:HBK)
崖っぷち会社員。

TOEICマニアです。
TOEIC990点を28回取得。

一応英検1級も取得。

謎団体「チーム寺子屋」所属

twitterでも同じHNで頻繁にTOEIC絡みの事を呟いてますので同志の方は何卒フォローをば。

☆TOEIC戦績☆
---昔---
01回:710(345/365)
02回:825(450/375) IP
03回:870(480/390)
04回:800(415/385)
05回:890(450/440)
---2011年---
06回:915(480/435)
07回:960(495/465)
08回:950(485/465)
---2012年---
09回:955(495/460)
10回:970(490/480)
11回:970(495/475)
12回:975(495/480)
13回:960(495/465)
14回:985(495/490)
15回:990(素点97/98)
16回:990(素点98/99)
17回:985(495/490)
---2013年---
18回:985(495/490)
19回:960(495/465)
20回:985(495/490)
21回:970(495/475)
22回:985(495/490)
23回:990(全問正解!)
24回:955(495/460)
25回:980(495/485)
26回:970(495/475)
27回:975(485/490)
---2014年---
28回:985(495/490)
29回:990(素点98/100)
30回:990(素点98/100)
31回:985(490/495)
32回:990(素点99/99)
33回:990(素点98/100)
34回:985(495/490)
35回:980(490/490) IP
36回:990(素点98/100?)
37回:990(素点99/99) IP
38回:990(素点99/100?)
---2015年---
39回:990(素点98/100?)
40回:990(素点98/99?)
41回:985(490/495)
42回:990(素点98/99) IP
43回:985(495/490)
44回:980(495/485)
45回:990(素点100/99?)
46回:990(素点99/98?)
47回:985(495/490)
48回:990(素点98/100?)
49回:990(素点100/99?)
---2016年---
50回:990(素点99/99?)
51回:990(AM全100%)
52回:990(AM全100%)
以上、2代目TOEICとの戦績
以下、3代目TOEICとの戦績
53回:990(素点99/97?)
54回:985(495/490)
55回:990(未検証)
56回:980(495/485)
57回:990(素点99/99?)
58回:990(素点95/97?)
59回:980(495/485)
---2017年---
60回:990(素点97/96?)
61回:980(495/485)
62回:980(495/485)
63回:990(素点99/98?)
64回:990(素点97/96?)
65回:990
66回:申込済
67回:申込済

☆英検1級戦績☆
6勝4敗4分
CSE2.0(戦闘力)2831
凡例:HBK得点/合格最低点
   1次   2次
01回:077/79|1次敗退
02回:071/81|1次敗退
03回:080/78|071/60
04回:072/81|1次敗退
05回:084/78|054/60
06回:092/78|081/60
07回:088/78|敵前逃亡
08回:087/80|066/60
09回:075/77|1次敗退
10回:093/83|064/60
11回:093/82|052/60
以下、CSE2.0導入後戦績
合格最低スコア(一律)↓
1次:2028 2次:602
   1次  2次  計
12回:2195|636|2831
13回:2190|584|2774
14回:2192|602|2794

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者数