今日悩んだ英文

今日読んでいて悩んだ英文は、反語を含んだものでした。

反語を含む文は、まずその文の表向きの意味を把握したうえで、それを上手くひっくり返してやらないと、正しい理解に至ることができません。僕は倒置や省略よりも反語が苦手です。

こんな文です。

(And) who is to say that paranoia about the impoverished woman next door may not have had its counterpart in the mind of the suspect herself?

*Oxford刊 “Witchcraft: A Very Short Introduction” P33より抜粋。

魔女裁判が行われていた中世ヨーロッパにおいて、怪しげな女性(老婆)は、とにかく魔女とみなしてしまうという、異常な傾向があった。魔術を使うのはなにも女性だけではないのだが、男性がもつ肉体的な単純性よりも、女性のもつ精神的な神秘性が魔性と結びつきやすいというところから、魔法使い₌魔女という、固定観念が形成されてしまっていたのではあるまいか。これは非合理以外の何物でもない…といった感じの考察が続いてから、この一文が登場します。

白状しますと、初見では、この一文、何が言いたいのかさっぱりわかりませんでした。

その原因を列挙すると、
①be to不定詞をどう解釈すべきかわからないこと(be to不定詞を予定、運命、可能、意志、義務、命令のどれで訳すか)
②主語が抽象的な概念であること
③否定を含む疑問詞型疑問文であることから反語のような気がするが、その意図が見えにくいこと
④itsとcounterpartが何を指しているかよくわからないこと
⑤最後に謎の再帰代名詞があること

といったところです。

理解するには、これらの理解の妨げとなる原因にひとつひとつ答えを出していく必要があります。
(ここをさぼると、いつまでたっても読解力が上達しない)

もう一回英文を引用しておきます。
(And) who is to say that paranoia about the impoverished woman next door may not have had its counterpart in the mind of the suspect herself?

以下、僕の答えです。

①be to不定詞をどう解釈すべきかわからないこと(be to不定詞を予定、運命、可能、意志、義務、命令のどれで訳すか)
反語であるという予感から、「なぜ~出来ようか、(いや、出来やしない)」という可能の意味で訳そうと考えました。
置き換えると、Who can[could] ever say thatといった感じになるかと思います。

とりあえずこれで解決。

余談ですが、be to不定詞の意味は「妖怪ギメちゃん」で覚えましょう。
よ=予定、う=運命、か=可能、い=意志、ぎ=義務、め=命令
高校時代に友人が予備校で習ったと披露してくれたこの暗記法、僕はそのまま拝借しました。

②主語が抽象的な概念であること
paranoiaって、被害妄想なんですね。偏執狂とかそういう意味で覚えていました。
paranoiaを被害妄想という意味で捉えたことがなかったので、辞書を引いて「あ~被害妄想か」と思った次第です。

なお、paranoia about AでAに対する被害妄想です。

解決です。

③否定を含む疑問詞型疑問文であることから反語のような気がするが、その意図が見えにくいこと
これはすべての謎に答えを出すまで後回しです。

④itsとcounterpartが何を指しているかよくわからないこと
itsは、前方の情報で単数名詞なのはparanoiaしかありません。
its counterpart=the counterpart of the paranoiaということになります。

片付きました。

ここを訳していた時、なかなかこんなふうにドライに考えることが出来ず、前の文章の何かを指しているのかもとか、明後日の方向へ迷走してました。

⑤最後に謎の再帰代名詞があること
the suspect herself・・・??the suspectが何なのかよくわからない。そのせいか、herselfがどこに掛かるのかもわからない。

the suspectが何なのかを考えるのが糸口のような気がして、頭をひねりました。
前半のparanoia about the impoverished woman next doorという一節を、suspectと上手くつなげれないか考えました。そこで、ピンときました。

この一節を訳すと、「(老いて)身をやつした隣人女性に対する被害妄想」となる。なるほど、隣人に対する被害妄想というのは、言い換えれば隣人が魔女ではないかという「疑い」であるから、the suspect=the impoverished woman next doorと考えればいい。それなら、herselfは、the suspectに掛かる(suspect herself=the impoverished woman next door herself=疑われてしまった隣の老女)としか考えられない。

これで解決です。

さて、ここまで自分なりに出した答えをつなぎ合わせて本文を置き換えると、こんな感じになります。

(And) who can[could] ever say that the paranoia about the impoverished woman next door may not have had the counterpart of the paranoia in the mind of the impoverished woman next door herself?

訳します。

 (そして)誰が言えるだろうか、(老いて)身をやつした隣人女性に対する被害妄想が、その被害妄想と同様のものとして、その(老いて)身をやつした隣人女性その人の頭の中においても存在していなかったなんてことを。

ここから、意訳します。

 隣人の老婆のことを「怪しい、恐ろしい魔法使い違いない!」と疑うとき、それと全く同じ感情を、その老婆も自分に対して抱いていないなどとは、誰も言えやしない。

反語の意味合いがはっきりしてきました。つまり、

 相手と疑うとき、逆に相手からも怪まれていないなんて誰も言えない。
 →疑わしいのはお互い様、ということです。

濃縮した表現にします。

 片方が一方的に怪しいなんてことはありえない。隣人である老婆を、一方的に魔女だと疑うなんておかしい!
 (でも、中世ヨーロッパでは、一方的な魔女のレッテル付けがまかり通っていた)

これでだいぶ筆者の言いたいことに迫れたのではないでしょうか。
少なくとも僕はこの辺で、もう先へ読み進んでも良いくらいにこの文を理解できた感覚を得ました。

人によって悩む英文のレベルに違いはありますが、あきらめずに自分なりの解釈をひねり出す努力は大切だと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HeadbuttK

Author:HeadbuttK
(略称:HBK)
崖っぷち会社員。

TOEICマニアです。
TOEIC990点を30回取得。

一応英検1級も取得。

謎団体「チーム寺子屋」所属

twitterでも同じHNで頻繁にTOEIC絡みの事を呟いてますので同志の方は何卒フォローをば。

☆TOEIC戦績☆
---昔---
01回:710(345/365)
02回:825(450/375) IP
03回:870(480/390)
04回:800(415/385)
05回:890(450/440)
---2011年---
06回:915(480/435)
07回:960(495/465)
08回:950(485/465)
---2012年---
09回:955(495/460)
10回:970(490/480)
11回:970(495/475)
12回:975(495/480)
13回:960(495/465)
14回:985(495/490)
15回:990(素点97/98)
16回:990(素点98/99)
17回:985(495/490)
---2013年---
18回:985(495/490)
19回:960(495/465)
20回:985(495/490)
21回:970(495/475)
22回:985(495/490)
23回:990(全問正解!)
24回:955(495/460)
25回:980(495/485)
26回:970(495/475)
27回:975(485/490)
---2014年---
28回:985(495/490)
29回:990(素点98/100)
30回:990(素点98/100)
31回:985(490/495)
32回:990(素点99/99)
33回:990(素点98/100)
34回:985(495/490)
35回:980(490/490) IP
36回:990(素点98/100?)
37回:990(素点99/99) IP
38回:990(素点99/100?)
---2015年---
39回:990(素点98/100?)
40回:990(素点98/99?)
41回:985(490/495)
42回:990(素点98/99) IP
43回:985(495/490)
44回:980(495/485)
45回:990(素点100/99?)
46回:990(素点99/98?)
47回:985(495/490)
48回:990(素点98/100?)
49回:990(素点100/99?)
---2016年---
50回:990(素点99/99?)
51回:990(AM全100%)
52回:990(AM全100%)
以上、2代目TOEICとの戦績
以下、3代目TOEICとの戦績
53回:990(素点99/97?)
54回:985(495/490)
55回:990(未検証)
56回:980(495/485)
57回:990(素点99/99?)
58回:990(素点95/97?)
59回:980(495/485)
---2017年---
60回:990(素点97/96?)
61回:980(495/485)
62回:980(495/485)
63回:990(素点99/98?)
64回:990(素点97/96?)
65回:990(素点97/100?)
66回:990(素点100/99?)
67回:990(素点98/99?)
68回:受験済
69回:申込済

☆英検1級戦績☆
7勝4敗4分
CSE2.0(戦闘力)2918
凡例:HBK得点/合格最低点
   1次   2次
01回:077/79|1次敗退
02回:071/81|1次敗退
03回:080/78|071/60
04回:072/81|1次敗退
05回:084/78|054/60
06回:092/78|081/60
07回:088/78|敵前逃亡
08回:087/80|066/60
09回:075/77|1次敗退
10回:093/83|064/60
11回:093/82|052/60
以下、CSE2.0導入後戦績
合格最低スコア(一律)↓
1次:2028 2次:602
   1次  2次  計
12回:2195|636|2831
13回:2190|584|2774
14回:2192|602|2794
15回:2265|653|2918

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者数