GRITとTOEICマニアのメンタリズム

花田塾チャリティーセミナーで俎上に上がった、"GRIT"という言葉を題した、「GRIT」という本を読んでいます。
Grit: The Power of Passion and Perseverance
Angela-Duckworth著

GRITとは、以下の単語の頭文字。カッコ内は僕の適当な意訳です。

Guts(根性)
Recilience(立ち直りの早さ)
Initiative(行動力)
Tenacity(粘り強さ)

要するに、なにごとかを成すために必要な要素です。
何かを成したいとお考えの方は、これらが大事だそうです。詳細は本を手に取りご高覧ください。

GRITそのものとは直接関係ありませんが、途中のチャプターに、なんとも含蓄深い記述があり、TOEICマニアの精神性にも通じるところがありましたので、記事にしようと思いました。

これらの記述です。
"For beginner, novelty is anything that hasn't been encountered before. For the expert, novelty is nuance."
"The old in the new is what claims the attention."
"The old with a slight new turn."

これらの文の文脈上の脈絡を簡単に説明します。

同著いわく…
何かを成すには、不断の努力と、興味関心の持続が必要となります。何かをはじめたとき、最初は刺激的な面白さがありますし、真新しさを感じます。しかし、壁にぶつかると、急速に関心を失って、これは本当はやりたいことではなかったんだという思いに駆られ、別の新しいことに手を出してしまい、結局大成しない、という結果に陥りがちです。

よって、楽しさや興味の対象は、何かに取り組む初期段階と、ある程度そのことに通暁し始めた段階とでは、質的に変化してこなければならない、といった説明がなされます。そこで、上記のような文がぽつぽつと登場してきます。

さて、このような文脈を踏まえた上で、先述のフレーズを意訳し、更にTOEICマニアの精神性に引きつけて解釈してみますと、以下のようになるかと思います。

"For beginner, novelty is anything that hasn't been encountered before. For the expert, novelty is nuance."
→初心者にとって、真新しさ(≒刺激)というのは、まだ出会ったことのない何かである。一方、熟練者にとってのそれは、ニュアンスである。

"The old in the new is what claims the attention."
→定番の中に、ちらりと見える新しさこそが、(熟練者の)関心に強烈に訴えるものなのだ。

"The old with a slight new turn."
→僅かに新たな姿形を伴った、定番。

TOEICの公開テストは、TOEICマニアにとって、「定番の中に見える新しさや刺激」を求める場に他なりません。毎回の公開テストでは、必ずといって良いほど「お~っ、すげぇ!」、「これは味がある!」といった感嘆を禁じ得ない設問が登場します。しかもそれらは得てして手ごわく、高得点をたたき出すマニアであってもしくじることもしばしば。僕もまだまだ半端物で、毎回このような設問にやられ続けています。

このスリリングな体験が、TOEICマニアを、さらなる公開テスト受験へ駆り立てます。

"You'll need to find a way to enjoy the nuances that only a true aficionado can appreciate."
まことのマニアのみぞ感じ取れる、微妙なニュアンスに喜びを覚えられるようになるべし。(それが、達人への道である。)

果たしてこのようなTOEIC的体験が、同著が掲げるような崇高なる何かを成すことへの道に繋がっているかどうかは分かりませんが、志の高いTOEIC学習者であれば、うまく活かすことが出来るものと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HeadbuttK

Author:HeadbuttK
(略称:HBK)
崖っぷち会社員。

TOEICマニアです。
TOEIC990点を28回取得。

一応英検1級も取得。

謎団体「チーム寺子屋」所属

twitterでも同じHNで頻繁にTOEIC絡みの事を呟いてますので同志の方は何卒フォローをば。

☆TOEIC戦績☆
---昔---
01回:710(345/365)
02回:825(450/375) IP
03回:870(480/390)
04回:800(415/385)
05回:890(450/440)
---2011年---
06回:915(480/435)
07回:960(495/465)
08回:950(485/465)
---2012年---
09回:955(495/460)
10回:970(490/480)
11回:970(495/475)
12回:975(495/480)
13回:960(495/465)
14回:985(495/490)
15回:990(素点97/98)
16回:990(素点98/99)
17回:985(495/490)
---2013年---
18回:985(495/490)
19回:960(495/465)
20回:985(495/490)
21回:970(495/475)
22回:985(495/490)
23回:990(全問正解!)
24回:955(495/460)
25回:980(495/485)
26回:970(495/475)
27回:975(485/490)
---2014年---
28回:985(495/490)
29回:990(素点98/100)
30回:990(素点98/100)
31回:985(490/495)
32回:990(素点99/99)
33回:990(素点98/100)
34回:985(495/490)
35回:980(490/490) IP
36回:990(素点98/100?)
37回:990(素点99/99) IP
38回:990(素点99/100?)
---2015年---
39回:990(素点98/100?)
40回:990(素点98/99?)
41回:985(490/495)
42回:990(素点98/99) IP
43回:985(495/490)
44回:980(495/485)
45回:990(素点100/99?)
46回:990(素点99/98?)
47回:985(495/490)
48回:990(素点98/100?)
49回:990(素点100/99?)
---2016年---
50回:990(素点99/99?)
51回:990(AM全100%)
52回:990(AM全100%)
以上、2代目TOEICとの戦績
以下、3代目TOEICとの戦績
53回:990(素点99/97?)
54回:985(495/490)
55回:990(未検証)
56回:980(495/485)
57回:990(素点99/99?)
58回:990(素点95/97?)
59回:980(495/485)
---2017年---
60回:990(素点97/96?)
61回:980(495/485)
62回:980(495/485)
63回:990(素点99/98?)
64回:990(素点97/96?)
65回:990
66回:申込済
67回:申込済

☆英検1級戦績☆
6勝4敗4分
CSE2.0(戦闘力)2831
凡例:HBK得点/合格最低点
   1次   2次
01回:077/79|1次敗退
02回:071/81|1次敗退
03回:080/78|071/60
04回:072/81|1次敗退
05回:084/78|054/60
06回:092/78|081/60
07回:088/78|敵前逃亡
08回:087/80|066/60
09回:075/77|1次敗退
10回:093/83|064/60
11回:093/82|052/60
以下、CSE2.0導入後戦績
合格最低スコア(一律)↓
1次:2028 2次:602
   1次  2次  計
12回:2195|636|2831
13回:2190|584|2774
14回:2192|602|2794

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者数