ダメなTOEIC学習法5

「模試を200問一気にやらない」

意見が分かれるかもしれませんが、これもダメです。

よほどTOEICに対してアツいモノを感じていないかぎり、2時間も母語ではない
英語(しかも無味乾燥と言われている)と付き合うのは苦痛でしかありません。
また、貴方が社会人であれば(もちろんそうでなくとも)余暇の2時間を
TOEICに充てるのは死活問題のはずです。

ですから、例えば金曜日に「土日にゼッタイ模試をやるぞ」と誓いを立てても
結局はせいぜい取り組みやすいパートや、得意なパートをつまみぐい的に
サラっと解く程度の学習に終始してしまった…なんて
自己嫌悪に陥りそうな経験をされた方も多いのではないでしょうか。

もしくは、一気に全部解くのは大変だから、
模試をパートごとに細かく区切って解き進める方も
いらっしゃると思います。私は特にこれを否定したいです。

既にコンスタントに公開テストで800点くらい取れていたり、
タイムマネジメントが感覚的に行えるほど場数を踏んだ方なら
それも構わないとは思いますが、まだまだ塗り絵が多い方や、
TOEICの受験慣れをしていない方は模試のブツ切り学習はやめたほうが良いです。

私の弟子は模試嫌いです。口を酸っぱくして指示しないと
絶対に取り組もうとしませんでした。彼も勤め人ですから
週末くらいノンビリしたいと思う気持ちも分かります。
でも、それを酌んで放任すると、ま~ぁダラダラ勉強しているようです。

それなら勉強時間を二時間かぎりとスッパリ定めて、
その間だけは最大の集中力を使って模試をやればいいのにと思います。

この二時間を有意義なひとときだとポジティブに捉えましょう。
なにせブツ切れ学習での正解と通しの模試での正解の価値は雲泥の差です。

前者には何らの拘束要素もありませんが、
後者は、タイムマネジメント・緊張・焦り・疲れなど
様々な逆境を乗り越えて正解にたどり着けた事を意味します。

この経験をいかに沢山積んできたかが、本番で不測の事態に左右されずに
攻めの姿勢で自分の実力を出し切るための重要な要素になってきます。
問題の質の良し悪しは我々で変えることは出来ませんが
少なくとも問題への取り組み方の良し悪しは変えることが出来ます。
そしてそれは本番でどんな問題が出ても役に立ちます。

私もまだまだ半端ものですから、模試を始めるのに二の足を踏む事はあります。
(やる事そのものが辛いというだけでなく、ヘマして
落ち込む結果を出したくないという感情も強いからですが)
でも模試に取り組むときはほぼ必ず200問通しでやります。
模試一つ一つを本番と同じtensionやpressureの中で取り組みたいからです。

繰り返しますが、一度の模試から得られる収獲は、
TOEIC頻出表現だけではなく、体に刻み込まれる本番の感覚です。
スコアアップにはこれがとても大切です。

というわけで、TOEIC的に打たれ強くなるために、
安易な学習に走らないようにしましょう!

普段Mなほど公開テスト(ここで本番て言うとなんかアレですよね)でSになれる!

私も気を付けます!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ツウクン

HeadbuttKさんの記事はエネルギッシュですね!
発破かけられます!

ありがとうございます☆彡

>ツウクンさん

自分自身を奮起する意図も含んで書いておりますので、読者の皆様の利害と一致しているかも知れません(笑)

皆様の気合ポイントが1でも上がれば幸いです!

No title

Twitterからこちらにたどり着きました、セフィと申します。

私は今年の2月からTOEICの勉強を始めたのですが
「模試を分けてやる」と最初思っていました、でもやはり
一気にやらないと 試験全体が掴めないし、自分に対しての
甘えになってしまうのでよくないなーと思いました。
頑張ります!

No title

ご訪問有難うございます!

市販の模試一回一回も決して安くはありませんので、できれば有効活用したいところです。

一度目は絶対に通しでやるべきですが、二度目以降はご自身に合った方法でアレンジされてみてもよいのではないかと思います。

あぁ…

まさに今、分割してやってしまいました。。。(part5とpart6だけ)

今回が2度目の模試挑戦ですが、
1度目もリスニングとリーディングを違う日にやりました。
頭が疲れている状態でどのぐらいできるのかっていうのが大事のですね。

この記事を先に読んでおけばよかったですorz
でも、ますます模試から遠ざかりそうな予感がっ><。

いつも参考になります!!

Gattinaさん>

ずいぶん古い記事までご覧いただき有難うございます。

200問通しでの挑戦が理想であり
ベストである事に間違いはありませんが、
リスニングもしくはリーディングどちらかだけを
通しで解くというのでもギリギリOKだと思います。

仰る通り、「200問通しが絶対」だと思うと、
なかなか継続できなくなってしまうのも人情ですから…

No title

確かにおっしゃる通りだと思います。
2時間通してやることは、本番に対して大きな効果があると思います。

梅さん>

5年前の記事にコメントいただき有難うございます。
2時間、自力で模試を解くということは、大半の人にとって苦痛ですが、それこそが本番で求められることなので、避けて通ることは出来ないと思います。
プロフィール

HeadbuttK

Author:HeadbuttK
(略称:HBK)
崖っぷち会社員。

TOEICマニアです。
TOEIC990点を26回取得。

一応英検1級も取得。

謎団体「チーム寺子屋」所属

twitterでも同じHNで頻繁にTOEIC絡みの事を呟いてますので同志の方は何卒フォローをば。

☆TOEIC戦績☆
---昔---
01回:710(345/365)
02回:825(450/375) IP
03回:870(480/390)
04回:800(415/385)
05回:890(450/440)
---2011年---
06回:915(480/435)
07回:960(495/465)
08回:950(485/465)
---2012年---
09回:955(495/460)
10回:970(490/480)
11回:970(495/475)
12回:975(495/480)
13回:960(495/465)
14回:985(495/490)
15回:990(素点97/98)
16回:990(素点98/99)
17回:985(495/490)
---2013年---
18回:985(495/490)
19回:960(495/465)
20回:985(495/490)
21回:970(495/475)
22回:985(495/490)
23回:990(全問正解!)
24回:955(495/460)
25回:980(495/485)
26回:970(495/475)
27回:975(485/490)
---2014年---
28回:985(495/490)
29回:990(素点98/100)
30回:990(素点98/100)
31回:985(490/495)
32回:990(素点99/99)
33回:990(素点98/100)
34回:985(495/490)
35回:980(490/490) IP
36回:990(素点98/100?)
37回:990(素点99/99) IP
38回:990(素点99/100?)
---2015年---
39回:990(素点98/100?)
40回:990(素点98/99?)
41回:985(490/495)
42回:990(素点98/99) IP
43回:985(495/490)
44回:980(495/485)
45回:990(素点100/99?)
46回:990(素点99/98?)
47回:985(495/490)
48回:990(素点98/100?)
49回:990(素点100/99?)
---2016年---
50回:990(素点99/99?)
51回:990(AM全100%)
52回:990(AM全100%)
以上、2代目TOEICとの戦績
以下、3代目TOEICとの戦績
53回:990(素点99/97?)
54回:985(495/490)
55回:990(未検証)
56回:980(495/485)
57回:990(素点99/99?)
58回:990(素点95/97?)
59回:980(495/485)
---2017年---
60回:990(素点97/96?)
61回:980(495/485)
62回:980(495/485)
63回:990(素点99/98?)
64回:申込済

☆英検1級戦績☆
6勝4敗4分
CSE2.0(戦闘力)2831
凡例:HBK得点/合格最低点
   1次   2次
01回:077/79|1次敗退
02回:071/81|1次敗退
03回:080/78|071/60
04回:072/81|1次敗退
05回:084/78|054/60
06回:092/78|081/60
07回:088/78|敵前逃亡
08回:087/80|066/60
09回:075/77|1次敗退
10回:093/83|064/60
11回:093/82|052/60
以下、CSE2.0導入後戦績
合格最低スコア(一律)↓
1次:2028 2次:602
   1次  2次  計
12回:2195|636|2831
13回:2190|584|2774
14回:2192|602|2794

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者数