TOEICのPurpose問題について

先日書いたブログのコメントで、TOEICのPart7の設問で出てくる
いわゆるpurpose問題についてお問い合わせを頂きました。

仮にTOEICの設問として出てきたときを想定し、
以下の3つの問いかけのニュアンス比較を行いたいと思います。

①What is the purpose of A?
②What is a purpose of A?
③What is the main purpose of A?

    ★★

①theの場合
theは「定冠詞」と呼ばれます。

定冠詞は、書き手と読み手が同じ情報を共有、特定出来る場合に用います。
「定まったものを示す」冠詞なので、定冠詞といいます。

ですから、本文の中に複数の目的が書かれているとき、
選択肢にそれらを2つ以上並列してしまうと設問として成立しません。
なぜなら、読み手が目的を一つに「特定」出来ないから。

従って、TOEICのPart7において、基本的に①は
「本文中に目的が一つだけ明記されている」
「その目的が選択肢に含まれている」
という仕組みの設問となります。

②aの場合
aは「不定冠詞」と呼ばれます。

不定冠詞は書き手と読み手が同じ情報を
共有、特定することが「出来ない」場合に用います。
定冠詞と異なり「定まっていない事を示す」冠詞です。

また、aには「ひとつの、とある」という意味がありますから
Part7の本文の中に目的が複数あったとしても、
そのうちのどれでも候補として当てはまることになります。

ですから、TOEICのPart7において、基本的に②は
「本文中に複数の目的が並列されている」
「選択肢にその目的のうちの一つが含まれている」
という仕組みの設問となります。

③the main purposeの場合
この場合は、複数の目的がただ並列されているのではなく、
目的に優劣がついてきます。

例えば、
The most urgent request is~「最も緊急の依頼は~」
といったふうに。

従って、TOEICのPart7において、基本的に③は
「本文中に複数の目的が列挙されている」
「プライオリティの高い目的がどれなのか、
 読み手がきちんと判断できる表現が本文中に明記されている」
という仕組みの設問となります。

    ★★

先日の公開テストで、What is the purpose of the letter?
という設問の選択肢に、本文に出てきた複数の目的(読み手への要望)のうち
2つが並んでいる(と私には思えた)ものがありました。
しかし、theと問われても、どちらが出題者の想定する目的なのか
読み手には特定できないわけです。非常に困ります。

問題を解いている時点から「これはモメるな」と予感していましたが、
案の定990点付近を取る人の中でも、意見が割れました。

正解は、三週間後のスコアシートが教えてくれるでしょう。

本音を言うと自分の選択に今一つ自信が無いので、
採点対象外であって欲しいです(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございます

きょ、、、恐縮でございます。
ご多忙のなか、お時間とらせてしまってすみません。
ありがとうございます。
私のようなペーペーレベルに合わせてくださる丁寧な説明
感動です。まじで鳥肌立ちました。

よく読んで、パート7の設問、選択肢をもう一度全おさらいしてみます。
ていうか、模試買いに行ってきます。(公式4、5しかもってないんです^^;)
もっと解きたくなって来ました。
ありがとうございました!

No title

HBKさん

purposeにもいろいろと微妙な違いがあったのですね。知らなかった。いつも、purposeが出てきたら頭の中で「目的、目的、目的」と連呼していました(焦!)。

例の問題は採点対象外ですね。そうしましょう、うん。皆が幸せになれるのはそれしかない・・・。

目からうろこ

HBKさん

はじめまして。
この記事、感動ともいえる衝撃を受けました!そしてすごく納得しました。
まさに目からうろことはこの事ですね。ちょうどPart7トレをしているところなのでこれからPurpose問題を意識してみます。とてもためになる記事をありがとうございました♪

HATO-BUS

この手の問題は必ず迷うのですが、私のレベルでは、最後の見直しの時間に設問とにらめっこして、冠詞の違いにようやく気付ける程度です。

真の英語力は、こういう場面で発揮されると思います。まだまだ修業します。

インディアンさん>

ご覧いただき有難うございます。

私もpurpose問題の成り立ちやカラクリを
少し考えてみたいなと思っていたところでしたので
丁度良かったです。

TOEICでは本文が読めていても、
設問の意図するところを正確に理解できていない為に
誤答をしてしまうミスがたまにあります。

設問も侮れないと思います。ハマらないように慎重にいきましょう。

Rabbitさん>

こういう問題は、正直出さないでほしいです。
テスティングポイントが細かすぎます。

purpose問題は、きちんと読めれば
はっきりと正解を一つに絞れる
つくりにして頂きたいものです。
さもなくば、主張の明確さを旨とすべしという
英文の大原則を破っていると言っても差支えないわけですし。

あ~採点対象外にならないかなぁ!!

HATO-BUSさん>

はじめまして、こんばんは。
コメント有難うございます!

パート7は本文が手強いだけではなく
選択肢や設問にも、しばしば厄介なトラップが
仕掛けられています。

NOT問題やinfer問題はもちろんのこと
most likely問題などの攻略法を、練習を積む中で
ご自身の中で体系化されると宜しいかと思います。

fukkenさん>

コメント有難うございます。

ご存知の通り、TOEICは少し独特な細かさを要求してきます。

満点や990点を狙っていない大多数の受験者は
そういう問題を「わかんねえや」と軽く通り抜ければよいのですが、
ごく一部の受験者層はそうもいきません。

「独特の細かさ」を問う問題をいかに適切に、且つ素早く捌けるかが
最後の最後は大事になってくると思います。

私はこのへんの詰めが甘く、なかなか上手くいきません。。。
プロフィール

HeadbuttK

Author:HeadbuttK
(略称:HBK)
崖っぷち会社員。

TOEICマニアです。
TOEIC990点を28回取得。

一応英検1級も取得。

謎団体「チーム寺子屋」所属

twitterでも同じHNで頻繁にTOEIC絡みの事を呟いてますので同志の方は何卒フォローをば。

☆TOEIC戦績☆
---昔---
01回:710(345/365)
02回:825(450/375) IP
03回:870(480/390)
04回:800(415/385)
05回:890(450/440)
---2011年---
06回:915(480/435)
07回:960(495/465)
08回:950(485/465)
---2012年---
09回:955(495/460)
10回:970(490/480)
11回:970(495/475)
12回:975(495/480)
13回:960(495/465)
14回:985(495/490)
15回:990(素点97/98)
16回:990(素点98/99)
17回:985(495/490)
---2013年---
18回:985(495/490)
19回:960(495/465)
20回:985(495/490)
21回:970(495/475)
22回:985(495/490)
23回:990(全問正解!)
24回:955(495/460)
25回:980(495/485)
26回:970(495/475)
27回:975(485/490)
---2014年---
28回:985(495/490)
29回:990(素点98/100)
30回:990(素点98/100)
31回:985(490/495)
32回:990(素点99/99)
33回:990(素点98/100)
34回:985(495/490)
35回:980(490/490) IP
36回:990(素点98/100?)
37回:990(素点99/99) IP
38回:990(素点99/100?)
---2015年---
39回:990(素点98/100?)
40回:990(素点98/99?)
41回:985(490/495)
42回:990(素点98/99) IP
43回:985(495/490)
44回:980(495/485)
45回:990(素点100/99?)
46回:990(素点99/98?)
47回:985(495/490)
48回:990(素点98/100?)
49回:990(素点100/99?)
---2016年---
50回:990(素点99/99?)
51回:990(AM全100%)
52回:990(AM全100%)
以上、2代目TOEICとの戦績
以下、3代目TOEICとの戦績
53回:990(素点99/97?)
54回:985(495/490)
55回:990(未検証)
56回:980(495/485)
57回:990(素点99/99?)
58回:990(素点95/97?)
59回:980(495/485)
---2017年---
60回:990(素点97/96?)
61回:980(495/485)
62回:980(495/485)
63回:990(素点99/98?)
64回:990(素点97/96?)
65回:990
66回:申込済
67回:申込済

☆英検1級戦績☆
6勝4敗4分
CSE2.0(戦闘力)2831
凡例:HBK得点/合格最低点
   1次   2次
01回:077/79|1次敗退
02回:071/81|1次敗退
03回:080/78|071/60
04回:072/81|1次敗退
05回:084/78|054/60
06回:092/78|081/60
07回:088/78|敵前逃亡
08回:087/80|066/60
09回:075/77|1次敗退
10回:093/83|064/60
11回:093/82|052/60
以下、CSE2.0導入後戦績
合格最低スコア(一律)↓
1次:2028 2次:602
   1次  2次  計
12回:2195|636|2831
13回:2190|584|2774
14回:2192|602|2794

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者数