第214回 TOEIC公開テスト 感想

本日はTOEIC公開テストを受験してきました。受験された皆様、お疲れ様でした。

前回は990点を取れなかったこともあって、今回は気合十分で臨みました。僕の受けたフォームの難易度は、三代目TOEICとしては標準的だったのではないかと思います。

とはいえ、ListeningではPart2で距離感がある応答が複数出ましたし、ナレーションも全体的にやや早めでした。Readingでも全体的にところどころ難しい語彙が使われていたり、Part7のSPで4行くらいしかないスカスカのEメールなのに、登場人物が何をしようとしているのかよくわからない(推測を交えないと正解が正解に見えない)セットがあったり、DP以降では、文章の意図や、文章同士の関連性が読み取りにくいセットもありました。

僕自身は、LのPart3あたりから魔が差して余計なことを考え始めてしまい、なにやっとんねんという感じでした。Lは4ミスでもセーフであることを願います。Rは今のところ自信ありなのですが、1問NOT問題をそうと思わず回答してしまったような気がしています。

やはり、公開テストは一筋縄ではいきません。

ところで、今日は試験教室の「ETSにマークされてる人が通されると言われている席」に座らされました。僕のような小者を監視したって、何にもならんでしょう。せいぜい年に2回くらい配置されるだけなので、単なる偶然か。

それだけなら、どうってことないエピソードなのですが、今日僕の隣に座った(ここもETSにマークされている人が通される位置と言える)方が、相当な実力者でした。

Part3で、まだページをめくる前にあと1セットこれから解く問題が残っている段階で、次のページのセットの設問選択肢を先読みしていました。これができるのは、今解いているセットの2、3セット先までは既に読み切っている人です。ここまでのツワモノには公開テスト本番では初めて出会いました。(一回Rabbitさんと同じ教室で公開テストを受けたことがありますが、この時はRabbitさんは僕よりも後ろの席で、受験中のご様子を伺い知ることはできませんでした。)

このお隣さま、Readingも時間内に解き終えているようでしたし、950点以上を叩き出す手練れであることは間違いなさそうです。ひょっとしたら、僕なんかよりはるかに要注意な、プロだったのかもしれません。その方の立ち振る舞いにアテられてしまったこともあり、ちょっとリスニングの後半油断してしまいました。

990点が取れているとよいのですけど、全問正解はなさそうです。トホホ
スポンサーサイト

2016年度 第2回 英検1級1次 結果

昨日、今月の英検の結果がWeb発表されました。

1610 result resized

無事合格しました。

Writingの出来がちょっとよろしくなかったので、心配していましたが、そこまで悪くない評価を貰えたようです。Listeningでいい点が取れ、Readingでの失点も挽回できました。前回比でスコア5ダウンです。英検協会の鼻っ柱を折るほどのスコアには至りませんでした。

僕の当面の目標はCSE2.0でスコア3000です。今回の1次の結果ですと、2次のSpeakingで満点(850)を取る以外に、目標達成する方法がありません。前回はSの素点1ミスがスコアでは700点弱になるという厳しい状態だったようですから、1ミスすら許されません。実質詰んだ状態です。今の僕では650が限界でしょう。

そうなりますと、スコア3000を取るには、1次で2350必要になります。これは非常にハードな目標です。

2次からの逆算とここ2回の結果から判断するに、僕の技能別目標スコア、素点ミス数、行動計画は以下の通りとなります。
R: 850 0ミス 
パス単他、語彙本数冊を使って語彙力強化を図る。また、精読を要する英文に丁寧に触れる。ただ脳内訳出するだけでなく、コンテクストをつかむ興味意識を持った読解を心掛ける。

L: 750 2ミス 
過去問を洗いなおして、昨今多用されている過去問リサイクル問題に対し万全を期す。口語表現を覚える。その辺にあふれている普通の英語に触れる機会を増やす。

W: 750 3ミス 
苦手なテーマに関して、対策本による付け焼刃的療法ではなく、新書に触れて逆に得意分野にする。本業での英文作成業務の中で、英語らしい物事の説明の仕方を意識する。

S: 650 4ミス 
スピーチ本を暗唱する。本格的な会話力を養う英会話本をつかって、聞き手に伝わりやすい意見表明ができる力と、インタラクションの技法を養う。W対策からの相乗効果の恩恵も期待する。

ところで、今回の1級は前回と比べて格段に難易度が上がったため、合格率が大きく下がったのではないかと推測しています。周囲のスコアを見る限り、難易度に合わせて、素点とスコアの換算に手心を加えている様子がないように思えるためです。前回と同等の正解数を出せなかった受験者は、単純にスコアが劇落ちすることになります。TOEICなら、難易度に基づくスコア調整が行われる為、難しかった回は正解数が低くてもスコアが高めに出ます。

これでは、一律の難易度を提供する質の良い資格試験とは残念ながらいえません。金払って受験しているユーザーとしては、「受験者ナメずにちゃんとやれや!」って感じです。英検協会、こんなんじゃETSに笑われちゃいます。

かくのごとく、英検CSEはまだまだ発展途上という印象です。CSEのコンセプト自体には賛成しているので、今後より精度の高いものに仕上げていって、社会的な意味、役割を持つレベルにまで達してほしいと思います。

第213回 TOEIC公開テスト 結果

遅ればせながら9月の公開テストの報告です。

1609 result resized

980でした。毎年取るスコアです。

今回は最初から本当に諦めていました。受験後の感想を書く気力すらありませんでした。

今回はRが4ミスだと思います。それでも980ということは、2ミスまでは許されたはずの回だったということで、990を狙う層にとってはチャンス中のチャンスのフォームだったわけです。それにもかかわらずそれをものにできなかった自分に失望しました。

明日の公開テストでは、同じことは繰り返しません。慎重に1問1問正解根拠を検証し、必ずや990を取り返します!

2016年度 第2回 英検1級1次 自己採点

以下の内容は昨日の記事に追記するつもりでしたが、いろいろ書いていたらそれなりの量になってしまい、新規記事として分けることにしました。

本日、2016年第2回英検の正答一覧が公開されました。

先ほど自己採点しました。受験級は1級です。

語彙: 17/25 悲劇。僕の受験史上最低点と思われます。
空所補充: 5/6
内容一致: 10/10
リスニング: 27/27 奇跡。一問解答を塗り直していない設問がある気がする。1ミスの可能性が高い。

というわけで、以前のいわゆる113点満点方式ですと、エッセイ抜きで75点くらいになります。113点満点方式では、エッセイ込みで80点前後がボーダーでしたから、安全圏といえます。しかし、現在のCSEスコア制においてはReadingとWritingの出来の悪さが足を引っ張ることになります。

エッセイはなぁ…。nondemocratic nationsを中世の専制政治を地で行くような極悪国に仕立て上げて書いた(本意ではない)ため、あまりにも非現実的な空論です。推敲する時間がなく、スペルミスや文法ミスもいくつかあるはず。でも、語数は200語以上書いたし、理由も無理やり3つ挙げたから、550くらいはくれると思います。ListeningがReadingとWritingでの失点をカバーできるよう祈ります。

やや控えめに3技能のCSEスコアを推測するとこんな感じでしょうか。
Reading: 700/850
Listening: 800/850
Writing: 550/850
----------------------------------
Total: 2050/2550

1級の1次試験の合格最低スコアは2028です。CSEスコアで今回の出来を見るとわりとギリギリです。

各技能が担う比重の違いから、113点満点方式とCSEスコア制とで、安全圏の位置づけが変わっていることがよくわかります。

2016年度 第2回 英検1級 感想

本日は英検でした。受験された皆様お疲れ様でした。

今回も1級を受けましたが、前回と比べて難易度が跳ね上がりました。読解は前回よりも若干難しいくらいでとどまったのが救い。語彙も、エッセイも、リスニングも難化。

恐らく受かるとは思いますが、ボーダー上にいるはずで安心はできません。
後ほど他の英検1級受験者と反省会をして、ある程度結果を占うことができるでしょう。こわい。

最近は、英検一級特化型の学習はしていませんでしたが、その必要性を感じました。
特に語彙問題で支障がありました。

並みの英文を読んでいれば、英検一級レベルの語彙に触れる機会はあるものの、1級の語彙問題で確実に満点付近を狙うには足りないです。そういうアプローチで力をつけるにはたぶん10年くらいかかります。そういうアプローチにシフトしてもいいかなと思っていたのですが、そう思い切るに足る結果を今回は語彙問題で残せませんでした。たとえ20点くらい取れたとしても、それはカンやらあいまいな記憶やらを頼りに4択問題に正解できただけで、4年くらい前から出来ていたことで(当然当時はインテンシブに直前対策をしてそれだったわけですが)、もはやメンツ的にそれに満足できない。語彙力そのものの勝負で見れば今回の英検1級に完全に白旗です。

ライティングも今一つでした。でも、この原因は英語力や作文力がどうこうというよりも、教養力やそのテーマに対する関心不足によるもので、特段危険視していません。1週間でも集中的に分野学習すれば済む問題です。

リスニングは最近全く手つかずなので、精彩を欠きました。リスニング放送中に咳込む方がいて、ハンニバルの問題やインタビュー問題などは完全に塗り絵。これらはただでさえ自分にとっては難しいものだったので、早々にギブアップしました。しかし、難問、悪環境でも、手練れであれば、そつなくこなすでしょう。言い訳は無用です。

英検協会は前回の1次試験で学生の合格率が激増したことに対して、「英語教育のたまものだ、学生の英語力が上がったのだ」などとトチ狂った見解をプレスリリースで述べていました。今回の1次試験の結果が、その主張とまるで異なるものとなる可能性が高いのではないかと僕は思っています。

でも、英検1級はこれくらいの難易度が標準であるべきです。さもないと、合格に向けたアプローチが、どのようなものであれ陳腐なものになってしまいます。ラスボスは強くないと。

生存報告

ブログをほったらかしにしていたら、スポンサー告知が出てしまいました。

「あなたのオーラは何色?」だと、やかましいわ!

というわけでブログを書くことにしました。

先月のTOEIC公開テストの話をしましょう。

結論から申しますと爆死しました。どういうわけか全体的に問題とかみ合わず、正解根拠が頭の中で正解根拠として置き換わらない事態が連発し時間が無くなり、つらい思いをしました。カツカレーもちゃんと食べて、TEX神社に参拝に行って、プラマガも解いて準備万端だったのに、こういうこともあるものですね。50回以上受験した中で、一二を争うくらい受験中に心がざわざわしていました。

予想スコアは960~970です。年間平均スコアが大幅に落ちると思われます。残念ですが、自分が至らなかったという一言に尽きますので仕方ありません。

そして気が付けば明日は英検1級です。少し前に受験したばかりなのに。

ろくすっぽ対策をしておらず、高得点は望めません。地力でどれだけやれるか、どれだけ高速解答できるかなどをテーマとして受験することにします。

周りにいるスーパーキッズは、憎たらしいので高速解答でバリバリページをめくる音を立てて集中力をそいで不合格に誘います。私怨ではなく、勝ち残るための戦術です。優秀な彼らに2次試験まで残られると、スラスラ英語が出てこない国産型おっさん学習者は相対的に不利になるのです。2次試験は試験官の心証が採点に大きく影響しますからね。めぐりあわせが悪くスーパーキッズの次の順番になってしまった2次試験の緊張感は計り知れません。

書きたいことが無くなったので、明日に向けて最後のひとあがきを頑張ります。
明日受験予定の皆さま、頑張りましょう。
プロフィール

HeadbuttK

Author:HeadbuttK
(略称:HBK)
崖っぷち会社員。

TOEICマニアです。
TOEIC990点を26回取得。

一応英検1級も取得。

謎団体「チーム寺子屋」所属

twitterでも同じHNで頻繁にTOEIC絡みの事を呟いてますので同志の方は何卒フォローをば。

☆TOEIC戦績☆
---昔---
01回:710(345/365)
02回:825(450/375) IP
03回:870(480/390)
04回:800(415/385)
05回:890(450/440)
---2011年---
06回:915(480/435)
07回:960(495/465)
08回:950(485/465)
---2012年---
09回:955(495/460)
10回:970(490/480)
11回:970(495/475)
12回:975(495/480)
13回:960(495/465)
14回:985(495/490)
15回:990(素点97/98)
16回:990(素点98/99)
17回:985(495/490)
---2013年---
18回:985(495/490)
19回:960(495/465)
20回:985(495/490)
21回:970(495/475)
22回:985(495/490)
23回:990(全問正解!)
24回:955(495/460)
25回:980(495/485)
26回:970(495/475)
27回:975(485/490)
---2014年---
28回:985(495/490)
29回:990(素点98/100)
30回:990(素点98/100)
31回:985(490/495)
32回:990(素点99/99)
33回:990(素点98/100)
34回:985(495/490)
35回:980(490/490) IP
36回:990(素点98/100?)
37回:990(素点99/99) IP
38回:990(素点99/100?)
---2015年---
39回:990(素点98/100?)
40回:990(素点98/99?)
41回:985(490/495)
42回:990(素点98/99) IP
43回:985(495/490)
44回:980(495/485)
45回:990(素点100/99?)
46回:990(素点99/98?)
47回:985(495/490)
48回:990(素点98/100?)
49回:990(素点100/99?)
---2016年---
50回:990(素点99/99?)
51回:990(AM全100%)
52回:990(AM全100%)
以上、2代目TOEICとの戦績
以下、3代目TOEICとの戦績
53回:990(素点99/97?)
54回:985(495/490)
55回:990(未検証)
56回:980(495/485)
57回:990(素点99/99?)
58回:990(素点95/97?)
59回:980(495/485)
---2017年---
60回:990(素点97/96?)
61回:980(495/485)
62回:980(495/485)
63回:990(素点99/98?)
64回:申込済

☆英検1級戦績☆
6勝4敗4分
CSE2.0(戦闘力)2831
凡例:HBK得点/合格最低点
   1次   2次
01回:077/79|1次敗退
02回:071/81|1次敗退
03回:080/78|071/60
04回:072/81|1次敗退
05回:084/78|054/60
06回:092/78|081/60
07回:088/78|敵前逃亡
08回:087/80|066/60
09回:075/77|1次敗退
10回:093/83|064/60
11回:093/82|052/60
以下、CSE2.0導入後戦績
合格最低スコア(一律)↓
1次:2028 2次:602
   1次  2次  計
12回:2195|636|2831
13回:2190|584|2774
14回:2192|602|2794

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者数