極上の語句メモ帳「極メモ」

僕が語彙、句動詞、熟語等をまとめるやり方についてです。

依然似たような記事を書きましたが、最近進化しましたのでその経過をお伝えします。誰かのパクリとかではないつもりですが、てめえウン番煎じもいいところだぜということでしたら、ご容赦ください。

用意するもの
・ルーズリーフ
・筆記用具
・教材

下準備
1. ルーズリーフの穴のある方が左になるように置きます。

2. 罫線と垂直方向に二つ折りにします。
 ※この際、穴の無い方の端(右端)と、穴のある方の大きい穴の右端とを合わせるようにします。(こうすると、筆記スペースが等分されます)。

3. そのまま更に同じ方向に二つ折りにします。合わせる位置はさっきと同じです。

4. 完全に広げます。

5. 今度は、穴の開いている方に一番近い折り目と、穴の開いていない方の端を合わせて折ります。

6. 完全に広げます。これで下準備は終了です。

書き込み方
下図をご覧ください。ここから先の説明が面倒臭くなり、エクセルで作りました。
が、その方がかえって時間と労力が掛かってしまい自滅した模様です。
ここまでの下準備の説明も分かりづらかったでしょうから、折り目も図に含めました。
図全体を一枚のルーズリーフだと思ってください。

 図1.
表面

 図2.
裏面

③の折り目を付ける理由は、英語の語句は多義語であることが多いので、和訳や意味を書き込むスペースがより沢山必要だからです。

活用方法
単語テスト
 ③の位置で谷折りにして、更に(上図左側の)②の所で山折りすれば、見出語⇔意味の双方向で出来ます。

音読
 (上図左側の)②の所を山折りすれば出来ます。しなくても出来ます。

情報を更に追加したいときは…
 図の通りに書き込んでいくと、最終的に裏側の62.5%が空白となります。そこがフリースペースになりますので、ガンガン好きな事を書き足しましょう。

皆様のボキャビルのお役にたてば幸いです。
スポンサーサイト

2014年度第2回英検1級 2次試験結果

昨日は所用で公開テストを受験できませんでした。皆様出来の程は如何だったでしょうか。
書けることが無いので、遅ればせながら英検1級2次の結果を報告します。

1410 eiken result

予想通り60点台です。しかし、合格は合格、喜ばしい事に変わりありません!

ブレークダウンを見てみますと、スピーチで大幅減点でした。1分くらいしか喋ってないから当然です。
それを取り返そうと焦って喋り、発音も文法も減点という感じでしょう。
インタラクションはかなり良かったです。

正直、接待合格という印象はぬぐえません。

実際に取ってみて思いましたが、60点台は、本来なら落とすべきパフォーマンスです。
ハッキリ言って、1級が本来期待する「広く社会生活で求められる英語を十分理解し、また使用できること」というレベルを全く満たしていると思えません。
ですから、英語力を磨きたいと思って英検を受けた方で、60点台で2次試験を合格した場合は、もう一度受け直すか、一層奮起された方が良いでしょう。

しかし、「なんとか合格だけでもかすめ取ってやりたいぜ!」というような、初めて1級に合格するまでの僕のような不純きわまる方にとっては、このレベル設定はチャンスと捉えるべきです。
皆さんが想像しているよりはるかに、英検1級2次試験のハードルは低いです。

倍率約10倍の1次試験は確かに難関です。
しかし、1次試験を一度でも突破すれば、1次試験を免除して、計4回も2次試験に挑むことが出来ます。
1次試験を突破できる力があれば、余程の事が無い限り、その4回のうちどこかで60点台は取れると思います。

一度合格できれば、こっちのものです。
合格を勝ち取ったあと、自分の中に、こうしたい、これをやりたいという感情が生まれるでしょうから、それに耳を傾け、次へ進むのです。

僕は、しばらく英検1級の世界にとどまることにしています。
60点で受かることを目指すのも一つの受け方であれば、TOEICのように出来る限り高い得点を目指すのも、また然りなのです。

TOEICkerの皆さん、2次試験は、案外イケます。是非受けてみて下さい!

第194回TOEIC公開テスト結果

10月のTOEICのweb結果発表日です!

201410 result

どや

Lで1問くらいミスっていると思いますが、
今回はちょっとだけETSに勝てたような気がします。

このスコアを見るといつも、得も言われぬ充足感で満たされる!
これだから、TOEICはやめられねえ。

2014年度第2回英検1級 2次試験感想

英検1級の2次試験を受けてきました。受験された皆様、お疲れ様でした。

集合時間の14時に会場入りしましたが、控室で2時間近く待ちました。試験時間は10分そこそこなのに、TOEIC丸々1回分待たなければいけませんでした。

英検の2次試験は、指定された集合時刻(受験者によって違う)までに会場に赴き、先着順で面接を受ける形となります。定刻から一斉に面接試験が始まるわけではありません。つまり、試験開始時間は、受験者の集合状況、面接官の人数、運営者の試験会場管理体制に大きく左右されます。2時間待ちは、かなりひどい方ですが、ザラです。待ち時間が長くなればなるほど気疲れしてきて、受験前からグロッキー状態になってしまいます。この辺は何とか改善して欲しいなぁ…値上げしたんだしネ。なお、午前中の枠で受験する方が、待ち時間少な目でパパッと済ませられるようです。

今回の出来はそこそこでした。多分60点台でギリギリ合格だと思います。

選んだテーマは「死にゆく言語の保全に価値はあるか」みたいなものでした。
英検1級の常連受験者にとっては、比較的組み立てやすいテーマではあったものの、スピーチがなんと1分強で終わってしまい、早々に質疑応答に移ってしまいました。この失敗を取り返すべく、質疑応答ではかなり粘りました。

参考までに、今回の私の質疑応答の要旨を書いておきます。

ハッキリ言ってレベル低いですが、「あぁ英検1級ってこの程度のやり取りでも通るのか」と安心して頂ければ幸いです。勿論、実際に喋った英語はもっとガタガタです。

Q:日本で絶滅の危機に瀕している言語について説明して下さい。
A:アイヌという北海道土着の言葉があります。
 厳しい環境での生活に密着した言語であり、独特の文化を持っています。

Q:誰が言語の保全に貢献すべきでしょうか。
A:地元の人間がやるべきだと思います。
 地元民と現地の言語には密接な関係ありますから、全く縁もゆかりもない学者や機関などがやるよりはより気持ちがこもるからです。

Q:絶滅の危機に瀕している言語を、学校のカリキュラムに含むべきでしょうか。
A:ある程度は行っても良いと思います。が、英語等の主流の言語を学ぶ事の優先順位の方が高いと思います。バランスが大事だと思います。

Q:現在の日本の言語教育は十分機能していると思いますか?
A:今の私自身を見ればお分かりの通り、英語すらまともに操れていませんから、何かしらの改善は行われるべきだと思います。

Q:5人とか10人程度しか話者がいない超マイノリティ言語を守る事は本当に重要でしょうか?
A:数の問題ではありません。文化が重要なのです。
 言語には尊い文化が含まれています。話者の数が少ないからといって無くしていいということにはならないと思います。

Q:もし資金援助を受けられるとしたら、貴方はどのようなマイノリティ言語を研究したいですか?
A:古代ギリシア語を集中的に研究したいと思っています。
 古代ギリシアの思想家は、興味深い視点や観点を持っていて、それらを学ぶ事に学生の頃から関心がありましたので。
 ※古代ギリシア語は、マイノリティ言語ではなく、絶滅している事は承知の上でしたが、何となく黙りたくなかったのと、英検1級ではそこまで事実の真偽に対する厳密性を求められないだろうという淡い期待を抱いて開き直りました。

結果が楽しみです。
プロフィール

HeadbuttK

Author:HeadbuttK
(略称:HBK)
崖っぷち会社員。

TOEICマニアです。
TOEIC990点を26回取得。

一応英検1級も取得。

謎団体「チーム寺子屋」所属

twitterでも同じHNで頻繁にTOEIC絡みの事を呟いてますので同志の方は何卒フォローをば。

☆TOEIC戦績☆
---昔---
01回:710(345/365)
02回:825(450/375) IP
03回:870(480/390)
04回:800(415/385)
05回:890(450/440)
---2011年---
06回:915(480/435)
07回:960(495/465)
08回:950(485/465)
---2012年---
09回:955(495/460)
10回:970(490/480)
11回:970(495/475)
12回:975(495/480)
13回:960(495/465)
14回:985(495/490)
15回:990(素点97/98)
16回:990(素点98/99)
17回:985(495/490)
---2013年---
18回:985(495/490)
19回:960(495/465)
20回:985(495/490)
21回:970(495/475)
22回:985(495/490)
23回:990(全問正解!)
24回:955(495/460)
25回:980(495/485)
26回:970(495/475)
27回:975(485/490)
---2014年---
28回:985(495/490)
29回:990(素点98/100)
30回:990(素点98/100)
31回:985(490/495)
32回:990(素点99/99)
33回:990(素点98/100)
34回:985(495/490)
35回:980(490/490) IP
36回:990(素点98/100?)
37回:990(素点99/99) IP
38回:990(素点99/100?)
---2015年---
39回:990(素点98/100?)
40回:990(素点98/99?)
41回:985(490/495)
42回:990(素点98/99) IP
43回:985(495/490)
44回:980(495/485)
45回:990(素点100/99?)
46回:990(素点99/98?)
47回:985(495/490)
48回:990(素点98/100?)
49回:990(素点100/99?)
---2016年---
50回:990(素点99/99?)
51回:990(AM全100%)
52回:990(AM全100%)
以上、2代目TOEICとの戦績
以下、3代目TOEICとの戦績
53回:990(素点99/97?)
54回:985(495/490)
55回:990(未検証)
56回:980(495/485)
57回:990(素点99/99?)
58回:990(素点95/97?)
59回:980(495/485)
---2017年---
60回:990(素点97/96?)
61回:980(495/485)
62回:980(495/485)
63回:990(素点99/98?)
64回:申込済

☆英検1級戦績☆
6勝4敗4分
CSE2.0(戦闘力)2831
凡例:HBK得点/合格最低点
   1次   2次
01回:077/79|1次敗退
02回:071/81|1次敗退
03回:080/78|071/60
04回:072/81|1次敗退
05回:084/78|054/60
06回:092/78|081/60
07回:088/78|敵前逃亡
08回:087/80|066/60
09回:075/77|1次敗退
10回:093/83|064/60
11回:093/82|052/60
以下、CSE2.0導入後戦績
合格最低スコア(一律)↓
1次:2028 2次:602
   1次  2次  計
12回:2195|636|2831
13回:2190|584|2774
14回:2192|602|2794

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者数