続★TIME講読道場 2

続編です。
年末年始の間はブログ作成がはかどります。

出典
Windows XP to Become a Hacker’s Dream in 2014, Experts Warn

課題文①
Is your older computer a ticking time bomb? A new article in PC Pro warns that computers running Windows XP are about to become exactly that, with the operating system’s 2014 support deadline likely to serve as a “starting pistol for hackers.”

課題文②
Microsoft suggests that older computers may struggle to run the most recent Windows 8.1, so upgrading to Windows 7 may be your best option if you must keep your current computer.

今回は大学入試も間近ということで、それっぽい設問を付けます。
…が、当ブログに大学受験生の読者っているのか??

問題
1.課題文1において下線を付したthatが示す内容を本文中の英語で書きなさい。

2.課題文2における下線部に置き換えられる語を以下から選びなさい。
(A) proposes
(B) implies
(C) requests
(D) agrees

3. 課題文①と②を訳しなさい。

★★

以下、正解と解説です。反転してご覧ください。

1.
正解:a ticking time bomb

解説:
your older computerとcomputers running Windows XPをパラフレーズとして認識出来れば容易です。代名詞として機能しているthatに出会ったときは、まず前方の単数名詞を思い返して指示内容を把握する事が大切です。ややこしい文章になればなるほど、指示語への意識が重要です。

2.
正解:(B) implies

解説:
(A)のproposesにとびついてしまった方は要注意です。proposeであれば、that以下は仮定法現在の拘束を受けmay struggleではなくstruggleになるべきです。
ここにproposesを入れると、意味的にも違和感が出ます。

ここでのsuggestは提案するという意味ではなく、「それとなく述べる」という意味です。この意味ですとsuggestは仮定法現在構文を形成しない為、この文のthat以下には動詞の原形が単体で出ておらず、mayが付いています。時制の一致により主節と従属節の時制の呼応が必要な場合は、that節内の述語動詞を過去形などにしても勿論OKです。
TOEICのPart7の設問でよく目にするsuggestですね。


3.
課題文①訳例(下手です):
貴方の使い古したパソコン、時限爆弾では?PC Proの新記事が警告するには、Widnows XPを搭載しているパソコンは、同OSが迎える2014年のサポート終了期限が、ハッカーにとっての攻撃開始の合図となる危険性が高いことから、時限爆弾同然の代物になりつつある。

解説:
カンマの直後のwithは付帯状況のwithです。With O Cという形を取り、「OがCなので、OがCであることに伴い」といった意味になります。主節で述べられている事態を引き起こす原因となる状況を伝えたいときに用いられます。TOEICのPart5で出ると難問です。なお、Cの部分には、分詞もしくは形容詞が入ります。ここでは、O=the operating system’s 2014 support deadlineで、C=likelyです。

課題文②訳例(下手です):
Microsoftは旧式のパソコンは最新のWindows 8.1を動かすのに苦戦するかもしれないと述べている。よって、今のパソコンを使い続けなければならないのであれば、Windows 7にアップデートすることが最善の選択だろう。

解説:
suggestを適切な意味で取る事が出来れば、問題なく訳せると思います。

最後まで見てくれて有難う御座います。
スポンサーサイト

分詞構文の盲点について

かなり高得点のスコア層の受験者でも、
Part5の分詞構文の問題で間違える事があります。
私も模試で間違えますので人の事は言えませんが…

そういうわけで、分詞構文の盲点について書きます。

早速例文を出します。
出典は学研刊 村瀬亨著「Top Grade難関大突破英語長文問題精選」の
問題編3(11頁)の英文(の一部)

Unaided, humans can't dive much more than 3 meters down….

分詞構文になっているのは、カンマより前の部分です。

構文の成り立ちを確かめるために、
分詞構文を使わず、元の形に復元してみます。

humans以下は帰結的文脈のように見えるので、
従属節はIfなどを置いて条件節とすればよさそうです。
主語は主節と従属節で一致するのでhumansです。

以下の説明をご覧になる前に、宜しければ試しに復元作業をやってみて下さい。

復元例1)
If humans unaided, humans can't dive much more than 3 meters down….

まず、この復元文はNGです。
このような復元をしてしまった方は、要注意です。

「分詞構文は接続詞と主語が省略され、動詞が分詞化した形である」
という覚え方をしていると、脳内で上記のような復元をしてしまいがちです。
Unaidedは「補助を受けていない」という意味の分詞形容詞ですから、
これでは従属節に述語動詞が存在しない事になってしまいます。

分詞構文において分詞形容詞が冒頭に来ている場合、
必ずbe動詞が分詞化したものが「省略」されています。

この「省略」に関する知識が抜け落ちているケースが割と多い印象です。
そして、TOEIC学習者が分詞構文を「何となくよく分からんもの」と
感じてしまう原因は大部分ここにあるように感じます。

この文章、適切に復元すると、例えばこのようなります。

復元例2)
If humans are unaided, humans can't dive much more then 3 meters down….
(もしヒトが補助を受けていない状態なら、ヒトはたった3mすら潜れないだろう)

さらにこの文章を、先ほどの
「接続詞と主語が省略され、動詞が分詞化した形」というルールで
分詞構文に戻すと、このようなります。

復元例3)
Being unaided, humans can't dive much more than 3 meters down….

最初の例文では、この冒頭の現在分詞Beingが省略されていたわけです。

なお、時系列的に主節よりも従属節の方が前の場合は、
beingの部分はhaving beenとなりますが、
このhaving beenもまるごと省略可能です。

例)
Since HBK Corporation was understaffed last year, HBK Corporation[it] is currently planning to hire more workers.

Having been understaffed last year, HBK Corporation is currently planning to hire more workers.

Understaffed last year, HBK Corporation is currently planning to hire more workers.
(去年は人員不足だったで、HBK社は現在ワーカーを雇おうとしている)

TOEIC的な設問にするなら、こんな感じでしょうか?
------- last year, HBK Corporation is currently planning to hire more workers.
(A) Understaffed
(B) To be understaffed
(C) Being understaffed
(D) Understaffing

正解は(A)です。

TOEIC Part5を解くうえで、ご参考になれば幸いです。

第186回TOEIC公開テスト結果

今月のTOEICの結果が出ました。
年内に結果が出るとはありがたいです。

201312 result

とうとうリスニング495点を逃しました。
ショックは…かなりでかい。
何とかなったかなぁ…という淡い期待は、脆くも崩れ去りました。

>L95/R98でトータルは975点というところでしょうか。
受験後にこのように書きましたが、まさに予想通りという結果です。

リーディングは塗り直しが祟って495点を逃した感じです。

今は辛抱の時だと思っています。
こりずにTOEICに没頭していくことが出来れば、
一段上に行けるはずです!!

PS
Junさん、KIYOさん、VOZEさん990点おめでとう!

おいてかないでぇぇ~~

続★TIME講読道場 1

皆の憧れ、TIMEを読んでみようのコーナー!

これは随分前に書いていたシリーズですが、
通し番号がどこまで進んだか忘れたので、タイトルを変えて再出発。

ソース
Apple, Please Give Us a Fix — a Guarantee — that Our iSight Webcams Are Safe

今回は設問をつけました。
TOEIC形式ですが、難易度は英検準1級に近いイメージ。

Rockwell’s dystopian vision of the future has arrived for iSight camera owners: somebody really could be watching — even listening — to your private life, using your computer’s webcam surreptitiously, snatching audio or video without tripping safeguard indicators like the little green LED that’s supposed to reveal when a webcam is active and capturing audio-visual information.

Questions
1. The word "tripping" in this sentence is closest in meaning to
(A) traveling
(B) detaching
(C) activating
(D) slanting

2. What is suggested in this sentence?
(A) Nobody can get private information without being recognized by its owner.
(B) LED lights tell webcam users that a video is being shot.
(C) Computers are at constant risk of software viruses.
(D) Webcam owners can get relief once they have unplugged theirs.

非常に背筋の冷えるようなテーマです。

念のため、私は自分のパソコンのカメラの部分にシールを貼りました。
どうせ、使ってないしネ(笑)

訳例と設問の正解は以下に書きます。反転してご覧ください。

訳例(下手です)
iSight cameraの利用者にとって、Rockwellが歌った絶望的未来像がやってきた。あなたが使っているウェブカメラを悪用し、誰かがあなたの私生活を覗いている―さらには聞き耳をたてている―かもしれない。全く知らない誰かが、ウェブカメラが作動し音声映像情報を撮っている事をあなたに伝える、安全確認装置としての小型緑色LEDのようなものを起動させずに、音声や映像を気づかぬうちに盗み取ってしまうのである!

解答、解説
1. tripには「~を作動させる」という意味があるので、(C) activatingが正解。

2. 後半の内容に注目。the little green LED that’s supposed to reveal when a webcam is active and capturing audio-visual informationとある。ここからLEDはウェブカメラと連動し、音声や映像が撮られているかどうかを使用者に知らせる機能を持っていることが読み取れるので(B) LED lights tell webcam users that a video is being shot.が正解。(A)はNobodyが不適切。(C)は一般的に言われている事だが、この文では一切言及されていない為不適切。(D)も常識的には確かにその通りだろうし、原文の後半にも述べられている対策だが、この冒頭の一文では触れられていない為不適切。


ちなみに、Rockwellは、1980年代のアーティストらしいです。
以下Rockwellのdystopianな曲&PVです。youtubeリンク↓
Somebody's Watching Me

古典的TOEIC文法書

私は出版社の回し者でもなんでもありませんが、
昔から売り込んでいるTOEIC文法書があります。

長本吉斉さんの「TOEICテスト650点突破!文法講義の実況中継」です。

名著です。が、業界では流行ってません。

TOEICマニアの中で勧めている人は、多分私だけです。

長本さんは、自らが運営するスクールの運営方針によると、
英語が苦手な人を試験でブレイクさせるために長年教え続けてきた方です。
ならば、日本人学習者の弱点を良く知っているのは当然ですし、
TOEICがその弱点にどうつけ込んでくるかを熟知しています。

そうしたバックグラウンドを以って練りあがったのが、本書です。
ですから、随所にかゆいところに手が届く問題と解説があります。

独特のキャラを持つ著者の講義を文字化している為か
たまにイラっとくる表現がありますが、それを差し引いても魅力的です。

ところで、この本はタイトルで「650点」と謳っています。
この真意を誤解してはいけません。

650点を取るために必要なことは何かと考えたとき、ひとつには
「いつも問われる問題を取りこぼさないこと」と言えると思います。
本書には、そんな「いつも問われる問題」しか収録されていません。

いつも問われる問題ってことは簡単な問題ばかりだからやる必要ねえよ!
なんて思ったら大きな間違いです。それこそが誤解です。

そういう問題は、実は簡単ではないのです。
日本人がよく間違えるからこそ、よく問われるわけですから。
皆、公開テストでそういう問題を気づかぬうちに間違えているんです。

いやいやバカにするんじゃないよお兄さん、と思った方は、
試しに書店で、本書の例題を5つ拾い上げて解いてみて下さい。

意外と手強いとお感じになると思います。

5つの例題中一つでも解答に困るものがあったなら、
「いつも問われるレベル」の設問が定着していないということであり
650点ラインの知識に抜けがあるということです。
放っておくのは得策ではありません。

650点ラインの問題を確実に抑えれば、650点が取れるのは勿論ですが、
その先のスコアを狙うにあたって非常に強固な土台となります。
この土台が固まり切らないまま、模試中心の学習をしたり
高得点者向けの、出題頻度の高くない高度な語彙や語法の潰し込みをしても
きっと損をします。いつも出る問題をしっかり正解出来るようにする方が
圧倒的に費用対効果が高いからです。

本書の内容を一通りマスターしたとき、650点は保証されます。
そこから先は、その応用にすぎません。

このレベルの詰めが甘いと、いつまで経ってもPart5に足を引っ張られます。
釈然としないまま悶々とマークする問題が幾つもあり、
正答率はなかなか安定しないでしょう。
更に広い視点で見れば、Part5の解答時間が縮まらず、
Part7の塗り絵が減らないという悪循環からも抜け出せないでしょう。

現在のスコアにかかわらず、本書はTOEIC受験者の
土台を確かなものにする事において、圧倒的な力をもっています。
スコアアップの一つのSolutionです。

初版は2008年と幾分古いですが、
いつも問われる古典的問題しか載っていないので、いつまでも中身がホットです。
ずっと座右に置いておけます。
リサイクル狙いの本より、役に立つ寿命は長い

ホントにおススメですので、是非お試しください。

個人的珍問

先日の公開テストで(個人的に)趣深いアイテムに出会いました。

こんな感じです。※実際に出題された英文とは異なります。

As VOZE Corporation has sold durable ------- over the past decade, it has become one of the leading computer manufacturers.
(A) laptops
(B) cloths
(C) glasses
(D) vehicles

正解は(A)です。 ※←反転してご確認下さい

解説 ※↓反転してご確認下さい
一見、形容詞durableの後ろに続けられる名詞としてどれも当てはまりそうですが、
カンマ以降の主節にあるcomputerが正解選択肢を選ぶ決め手となります。
パソコンメーカーが販売するものは選択肢の中なら
laptopsだろうと推測し、(A)を正解と判断すれば良いわけです。


このような設問は、一部のTOEIC専門家の間では「Delayed Clue」を頼りに解く
「文脈依存語彙問題」と呼ばれる類に当たります。

Delayed Clueとは「空所から離れたところで登場するヒント」を意味し、
文脈依存語彙問題は、文字通り
「文脈に沿って適切な語彙を選ぶことが要求される設問」のことです。

この設問、さして難しくないですし、完全なる新種というわけでもないですが、
私が驚いたのは、これがPart5で出題された点です。

空所前後を見て解こうとする人を挫かせようとする意図を読み取る事は出来ます。
しかし、こういう形式はPart6の専売特許だと思い込んでいました。
Part6ならDelayed Clueを同じ文に置かなければならないという縛りはなく、
何行も離れたところに入れることが出来ますので、
Part6の方がこのテスティングポイントを活かし易いはずだからです。

更に、この問題の面白いところは、Delayed Clueが上位語で、
正解選択肢がその下位語になっているという点です。

普通、TOEICでは、解答のヒントになる単語は
具体的な名詞(下位語)であることが多く、正解選択肢が、
そのヒントを抽象的に言い換えた表現(上位語)である事が多いのです。

例えば、本文ではnewspaperと表現されているところを
選択肢ではreading materialと言い換えたり、
surveyをinformationとしたり、chairをfurnitureとしたり…

一方、この設問では、広い意味を持つcomputerを、
その中の一種であるlaptopで置き換えています。
珍しいケースだと思います。


…これらの真意は、何なのでしょうか?
今後のTOEICにどう影響してくるのでしょうか?

う~ん、実に興味深い!

そうは思いませんか? 思いませんか…。

第186回TOEIC公開テスト感想

12/8に公開テストを受けてまいりました。
受験された皆様、お疲れ様でした。

受験フォームは 4JIC34 メジャーフォームでした。

今回は20分強余りました。軽めのフォームだと思いました。

でも、出来たかどうかは話は別です。
というかリスニングでやっちゃいました。

パート4の、会社の管理ソフトウェアを入れ替えたか
アップデートしたかというテーマのセットで、その仕様の差異や、
それにまつわるセッションの後で何をするか等を問う
設問がありましたが、あれよあれよという間にナレーションが終わってしまい、
正解根拠を聞き逃しました。その後の橋の閉鎖の問題もかなり間違えたようで、
ここだけで最低4ミスはしています。

パート2に、一問微妙な問題があって、そこももし間違えていたら5ミス。
あとはミスが無い認識なので、95問正解がセーフとならないと、
リスニング495点は取れません。まず、ダメでしょう。

一方のリーディングはエクストリームにウェルな問題を
フェイバラブルに塗り直してしまい自爆。
それ以外は全問正解していると思いますが、
念のためマイナス1問で心づもりしております。

L95/R98でトータルは975点というところでしょうか。

リーディングは大分チューニングが出来てきた感覚がありますが、
リスニングが最近いつも不安定なので、訓練の量を増やさなくてはなりません。


ところで、今回は試験後にTOEIC名古屋研究会に合流し、
いつものメンバー&某サンダーさんと試験のレビューをしました。
バッチリ試験の復習ができ、超盛り上がりました。

また4月に開催予定です。
名古屋研究会主催者であるVOZEさんのサイト(下記)で案内が出る予定です。
http://beyond990.blog91.fc2.com/
お近くにお住まいの方は是非ご参加下さい。



おまけ。
11月の公開テストの結果を報告します。
2013 11 result

うーん、よくわからないスコア。
恐らく気づいていないところでNOT問題を見落としました。
どうせなら未取得の965点の方が嬉しかったかも…

KIYOさん、990点おめでとう!!

第186回TOEIC公開テスト目前

本日は待ちに待った今年最後のTOEIC公開テストですね!
受験される皆様が、ベストスコアを叩き出せるよう祈念致します。

とにかく焦らず着実に解答を積み重ねたいところです。

さて、今日はちょっと早起きして余裕があるので、
本日の公開テストに向けての個人的な課題を書いておきたいと思います。

Part1
ノーミスで切り抜ける。
「受け身の進行形」と「進行形ではない受身形や受身の完了形」を
意識的に聞き分ける。

Part2
ここもノーミスで切り抜けて、Part3と4に貯金を作る。
最近31問目から先が鬼門なので、30問目まで解いたら
一度気を引き締める。

Part3
設問選択肢先読みのストックを放送中のセットの2つ先まで
貯めるペースを崩さずに解ききる。

Part4
設問選択肢先読みのストックを放送中のセットの2つ先まで
貯めるペースを崩さずに解ききる。

Part5
最近ケアレスミスが多いので、いつもより3分時間を掛けて慎重に解く。
2択で迷ったら、文法的ロジックよりも
なけなしの英語勘、直感を信じて解く。

Part6
文脈依存語彙問題や文脈依存文法問題の醍醐味を味わう。

Part7
設問をしっかり読んで、NOT問題の見落とし、設問の読み違えに気を付ける。
どうしても解答根拠が見つからない設問に出くわしたら
視野を広く持ち、同じところをグルグル読まないように気を付ける。


皆さんの本日の受験時の課題や心構えはどのようなものでしょうか?
試験開始直前に一度振り返ってみると、結果が違ってくるかも知れません。

それでは今日は精一杯頑張りましょう!
プロフィール

HeadbuttK

Author:HeadbuttK
(略称:HBK)
崖っぷち会社員。

TOEICマニアです。
TOEIC990点を28回取得。

一応英検1級も取得。

謎団体「チーム寺子屋」所属

twitterでも同じHNで頻繁にTOEIC絡みの事を呟いてますので同志の方は何卒フォローをば。

☆TOEIC戦績☆
---昔---
01回:710(345/365)
02回:825(450/375) IP
03回:870(480/390)
04回:800(415/385)
05回:890(450/440)
---2011年---
06回:915(480/435)
07回:960(495/465)
08回:950(485/465)
---2012年---
09回:955(495/460)
10回:970(490/480)
11回:970(495/475)
12回:975(495/480)
13回:960(495/465)
14回:985(495/490)
15回:990(素点97/98)
16回:990(素点98/99)
17回:985(495/490)
---2013年---
18回:985(495/490)
19回:960(495/465)
20回:985(495/490)
21回:970(495/475)
22回:985(495/490)
23回:990(全問正解!)
24回:955(495/460)
25回:980(495/485)
26回:970(495/475)
27回:975(485/490)
---2014年---
28回:985(495/490)
29回:990(素点98/100)
30回:990(素点98/100)
31回:985(490/495)
32回:990(素点99/99)
33回:990(素点98/100)
34回:985(495/490)
35回:980(490/490) IP
36回:990(素点98/100?)
37回:990(素点99/99) IP
38回:990(素点99/100?)
---2015年---
39回:990(素点98/100?)
40回:990(素点98/99?)
41回:985(490/495)
42回:990(素点98/99) IP
43回:985(495/490)
44回:980(495/485)
45回:990(素点100/99?)
46回:990(素点99/98?)
47回:985(495/490)
48回:990(素点98/100?)
49回:990(素点100/99?)
---2016年---
50回:990(素点99/99?)
51回:990(AM全100%)
52回:990(AM全100%)
以上、2代目TOEICとの戦績
以下、3代目TOEICとの戦績
53回:990(素点99/97?)
54回:985(495/490)
55回:990(未検証)
56回:980(495/485)
57回:990(素点99/99?)
58回:990(素点95/97?)
59回:980(495/485)
---2017年---
60回:990(素点97/96?)
61回:980(495/485)
62回:980(495/485)
63回:990(素点99/98?)
64回:990(素点97/96?)
65回:990
66回:申込済
67回:申込済

☆英検1級戦績☆
6勝4敗4分
CSE2.0(戦闘力)2831
凡例:HBK得点/合格最低点
   1次   2次
01回:077/79|1次敗退
02回:071/81|1次敗退
03回:080/78|071/60
04回:072/81|1次敗退
05回:084/78|054/60
06回:092/78|081/60
07回:088/78|敵前逃亡
08回:087/80|066/60
09回:075/77|1次敗退
10回:093/83|064/60
11回:093/82|052/60
以下、CSE2.0導入後戦績
合格最低スコア(一律)↓
1次:2028 2次:602
   1次  2次  計
12回:2195|636|2831
13回:2190|584|2774
14回:2192|602|2794

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者数