最強のスコアシート

この度初めてTOEICで全問正解を達成しましたので
手前味噌で恐縮ですが、記念にスコアシートを貼り付けます。
スコアシート ←クリック

見返すと、そのたび高揚感が湧きあがります。
懲りずに続けてきて良かったと本当に思います。

自分がここまで到達するとは想像だにしておりませんでした。
TOEIC990点はバケモノが取るものだと思っていましたから。
しかし、それは誤りでした。

最近よく思うのですが、TOEICは高さの見えない山登りです。

麓から見上げると、頂上は雲の上にあって見えません。

一見、エベレストのようなとてつもない山のように感じてしまいます。
しかし上に行けばいくほど、少しずつ頂上の有様を予感出来てくるのです。
で、実際に登りきってみると、どうやら高尾山くらいなんです。
一番低いところの朝靄を越えたくらいの高さでしょうか。

TOEIC990点もTOEIC満点も、決して絶対的なものではありません。
英語の世界を本気で楽しみたいのなら、
このレベルに辛うじて辿り着いたくらいでは足りません。

だからといって、価値が無い訳では断じてないです。
私は非常に尊いものだと思います。

何とか高尾山を登り切った人を
「こんなしょぼい山でなに喜んでんの」とバカに出来ますか?
そんなのは子供じみています。
目標の大きさではなく、それを諦めずに果たしたという事実と体験に
尊さがあると思います。

これから更に研鑽をつむのであれば、TOEICで学んだことは
その足場になることは間違いないし、強い動機を生み出してくれます。
「TOEICで頑張りきれたんだ、だからこれから先もやっていけるはず」
という矜持は、絶対に強いと思います。

私は今後の身の振り方を考え中です。
TOEICも英語も私にとっては最早ライフワークなので
急ぐ必要はありません。

それに、高尾山からの眺めだって乙なものです。
今でも英語が少しはクリアーに見えます。
しばらくこの景色を味わってから、別の山を目指すかもしれないし、
そのままここに留まるかも知れません。

何とかと煙は何とやらと言います。あくせく登るだけが能ではない。
登山は自己責任。

周りに惑わされないよう常に心掛けながら、
自分のペースでTOEICと英語を楽しみたいと思います。
それが一番健康的ですよね。
スポンサーサイト

TOEICパート5について

パート5の解き方です。

私は最近はベタ読みをして解いても時間が余りますので、
テクニックめいたことは殆どしていませんが、
900点後半の頃は、いろいろと時短テクを用いていました。
その頃を思い起こして書きます。

フローは以下です。
①選択肢を見る

②空欄直後を見る

③空欄の前もしくは後ろ全体を見る

④全文に目を通す

ローラー作戦的に設問を見る視点を広げていき、
余計な読解量を減らすようにしました。

品詞問題をはじめ、語形や文構造的な観点から空所に入り得る選択肢を
1択に絞れる問題は、②までの作業で殆ど解けます。

練習の段階では、なるべく②までのプロセスで解き、
且つ正解出来るよう、場数を踏む必要があると思います。
これにより読む量が減り、大幅な時短が可能となります。

ベタ読みしてRセクションの100問を解き切れる人は殆どいないのが実情ですから、
ベタ読みを出来るようにする努力よりも、「なるべく読まずに解く」
方向性のアプローチをまずは行うべきだと私は考えます。
(990点を目指すような人は話は別ですが)

そのような訓練を積むと、文章の要点、骨子のようなものが見抜きやすくなり
結果としてべた読みのスピード感もあがってくるものです。
最初から無理をするのはやめましょう。

そもそも、パート5からガッツリベタ読みをしてしまうと、
余計な時間を取られてしまいますし、人によってはパート5だけで疲れてしまって
パート7の途中でガス欠を起こしてしまう恐れさえあります。

③や④のプロセスで解くべき問題は、
空欄の前後で1択に候補を絞り込むことが出来ない、
接続詞の問題や、同一品詞がずらりと並ぶ文脈型の問題です。
あとは時制や単複の問題もそうでしょう。
これらの問題は全文を精査し、ジックリ時間をかけて解かなくてはダメです。

逆に言えばこれら以外の問題は、全文を読まずに解かなければなりません。

昔から言われていることですが、まずは空欄からはじめよ!です。

ETSの書く文章なんて無味乾燥でツマラナイんですから
読む必要なんてないでしょう(笑)

第182回TOEIC公開テスト結果

7月のTOEIC公開テストの結果が出ました。



066点でした。

…すみません、あの方のネタをパクリました。
一度やってみたかったのです。

久々に990点をもぎ取ってやりました。
どんなもんじゃいETSめ。
やっぱり990点は嬉しいもんですね。

また、勝ちを積み重ねられるよう頑張ります。
その中でこそ、990点ひいてはBeyondの為の戦術や技術が洗練されるのです。

Report on みかん星人さんスペシャル

過日、TOEIC名古屋研究会に出席して参りました。

テーマは、Abilities Measured。いわゆるアビメについて。

アビメとはTOEIC公開テストスコアシートの真ん中から下に掛けてある、
受験者の習熟度を示すグラフのことです。

実はこのアビメ、上手く使えば受験した公開テストの正解数を
ほぼ正確に、しかもパート単位でハジき出せる優れモノなんです!!
(シーン)

換算されたスコアは出ても、実際の正解数(素点=200点満点の正答数)が
開示されないTOEICにおいて、この情報を引き出せることには、
考えようによっては非常に大きな意味があります。

その辺の事情を、一からしっかり学びたく、
この度は完全なる参加者として、会費を払って受講しに行きました。

聴けば楽しいのなんの。受講者の恐らく全てが、
みかん星人さんのスマートな分析にのめりこみました。

あんなにくそ真面目にノートを取ったのは、
TOEIC学習を始めて以来、そうないことです。
それほどに、他では得られないお役立ち情報が満載でした。
それを惜しげもなく公開して下さったみかん星人さんには本当に敬服します。

アビメから読み取れる情報というのが想像以上に多い事に驚きました。
そして、実際にその情報を他人にアドバイスする上で活用するには
どうすれば良いかということも、おぼろげながら分かりました。

そのポイントは以下
①アビメの持ち主である学習者から、きちんと現状・悩み・望みを
 ヒアリングする必要があること
②1回分のアビメ情報だけでは、学習者に助言するは難しく
 可能であれば出来るだけデータをそろえること
③LCとRCを有機的に関連付けて分析すること
これらに気を付ければ、かなり適切なアドバイスが出来るものと考えます。

学習会で学んだことをキチンと復習し、自分の腹と頭に落とし込み
実践します。まずは弟子を実験台に。

ともかく、第四回TOEIC名古屋研究会は最高でした。
みかん星人さん、遠方からはるばるありがとうございました。
是非また名古屋にお越し下さい!

大須観音のご利益あれかし!!
プロフィール

HeadbuttK

Author:HeadbuttK
(略称:HBK)
崖っぷち会社員。

TOEICマニアです。
TOEIC990点を29回取得。

一応英検1級も取得。

謎団体「チーム寺子屋」所属

twitterでも同じHNで頻繁にTOEIC絡みの事を呟いてますので同志の方は何卒フォローをば。

☆TOEIC戦績☆
---昔---
01回:710(345/365)
02回:825(450/375) IP
03回:870(480/390)
04回:800(415/385)
05回:890(450/440)
---2011年---
06回:915(480/435)
07回:960(495/465)
08回:950(485/465)
---2012年---
09回:955(495/460)
10回:970(490/480)
11回:970(495/475)
12回:975(495/480)
13回:960(495/465)
14回:985(495/490)
15回:990(素点97/98)
16回:990(素点98/99)
17回:985(495/490)
---2013年---
18回:985(495/490)
19回:960(495/465)
20回:985(495/490)
21回:970(495/475)
22回:985(495/490)
23回:990(全問正解!)
24回:955(495/460)
25回:980(495/485)
26回:970(495/475)
27回:975(485/490)
---2014年---
28回:985(495/490)
29回:990(素点98/100)
30回:990(素点98/100)
31回:985(490/495)
32回:990(素点99/99)
33回:990(素点98/100)
34回:985(495/490)
35回:980(490/490) IP
36回:990(素点98/100?)
37回:990(素点99/99) IP
38回:990(素点99/100?)
---2015年---
39回:990(素点98/100?)
40回:990(素点98/99?)
41回:985(490/495)
42回:990(素点98/99) IP
43回:985(495/490)
44回:980(495/485)
45回:990(素点100/99?)
46回:990(素点99/98?)
47回:985(495/490)
48回:990(素点98/100?)
49回:990(素点100/99?)
---2016年---
50回:990(素点99/99?)
51回:990(AM全100%)
52回:990(AM全100%)
以上、2代目TOEICとの戦績
以下、3代目TOEICとの戦績
53回:990(素点99/97?)
54回:985(495/490)
55回:990(未検証)
56回:980(495/485)
57回:990(素点99/99?)
58回:990(素点95/97?)
59回:980(495/485)
---2017年---
60回:990(素点97/96?)
61回:980(495/485)
62回:980(495/485)
63回:990(素点99/98?)
64回:990(素点97/96?)
65回:990(素点97/100?)
66回:990(素点100/99?)
67回:申込済
68回:申込済

☆英検1級戦績☆
6勝4敗4分
CSE2.0(戦闘力)2831
凡例:HBK得点/合格最低点
   1次   2次
01回:077/79|1次敗退
02回:071/81|1次敗退
03回:080/78|071/60
04回:072/81|1次敗退
05回:084/78|054/60
06回:092/78|081/60
07回:088/78|敵前逃亡
08回:087/80|066/60
09回:075/77|1次敗退
10回:093/83|064/60
11回:093/82|052/60
以下、CSE2.0導入後戦績
合格最低スコア(一律)↓
1次:2028 2次:602
   1次  2次  計
12回:2195|636|2831
13回:2190|584|2774
14回:2192|602|2794
15回:1次受験済

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者数