2/23(土) TOEIC学習会感想

2/23(土)にKIYOさんとTOEIC学習会を開催致しました。
ご参加頂きました皆様、お忙しい中有難う御座いました。

今回はスペシャルゲストがいらっしゃいました。
TOEICの神様、神崎正哉先生です。
私もサインをねだってしまった(有難うございました)!
しかも、先生の前で講義をしてしまった。わけがわかりません。

神崎先生のご参加が事前に案内されいていた事もあってか、
会場の定員を大幅に超える約30名の受講者さんがお見えになりました。
中には補助席受講の方も。受講者さん同士の交流も盛んで
講義中以外の時間がとても賑やかなのが大変印象的でした。

講師役はおまけみたいな感じでしたが、お楽しみ頂けたでしょうか。

さて今回、私はパート6に焦点を当てて、以下のような流れで講義しました。
前半戦
①パート6のパターン
②パート6の傾向と対策
③パターンと傾向を把握したうえで実際にパート6の問題をチェック

後半戦
④問題演習(1セット=12問)
⑤解説

振り返ると、申し上げたい事を発する事は出来たのですが、
それが皆様に伝わりやすい内容だったかどうかは疑問です。

パート6対策はあまり世間的に広まっていないし、
受講者の皆様のTOEICにおける経験値も様々です。
私が勝手に命名し分類した「パラフレーズ・連想系問題」などは、
皆様が受講後にもきちんとイメージを抱けるよう
もっとジックリご説明すべきだったように思います。

たとえそれが時間的な問題で叶わなかったとしても、
少なくとも、前半の段階で端的な例を挙げる配慮が必要だったかもしれないし、
盛り込んだ例題や演習問題に対し、講義内容に沿った解説を
冊子に付けるべきだったのではないかと今になって後悔しております。

…毎度毎度このような反省を感じてばかりなので
リピーターの皆さんの存在は大変励みになります。

折角のお休みに足を運んで下さる皆様の熱意に背くようなことのなきよう、
反省した内容を次回に反映させていきたいと思います。

今後ともご贔屓にして頂ければ幸いです。
スポンサーサイト

2/23のTOEIC学習会について

現在、次回のTOEIC学習会(既に定員に達しております)に向けて、
パート6を見つめ直しています(パート6をやろうかなと思っています)。

ご存知の通り、TOEICのパート6はたった12問しかなく
パート5の40問、パート7の48問と比して圧倒的に問題数が少ないです。

内容も、ざっくり言えばパート5とパート7の中間的なものなので、
敢えてパート6に集中した学習をされる方は少ないと思いますし
これにフォーカスした学習書も殆どありません。

質的にも量的にも費用対効果が期待しにくいゆえ
世間の注目を得られない可哀想なパートなわけです。

しかしながら、パート5とパート7と独立してパート6が存在する以上
そこには何らかの存在意義があるはずです。
パート6でしか測れない何かがきっとあるはずです。
その辺に関して、今題材選定も兼ねて問題を解きながら迫っています。
(前回の学習会よろしく、ポロポロ間違えてますが…泣)

そういう思いでパート6を見直してみると、
意外と興味深い気づきもありました。

また、手元にある数年前のTOEICの模試や問題集と
今のそれらとを比較すると、明らかに今のものの中で
文脈依存型の問題のウェイトが増しているように見えます。

これは実際のTOEIC公開テストのパート6の内容が
段々とそういうスタイルに変わってきている事を
暗に示しているのではないかなと感じます。

私がパート6に関して、今まで誰も思いもしなかったような
革新的な何かを提言出来るとはつゆ思っていませんが
来たる2/23のTOEIC学習会では、
パート6に関して私なりに気づいたことをシェアすると同時に、
皆さんとこのパートを深く考える機会を持てればなと考えております。

ご参加予定の皆様、どうぞ宜しくお願いします。

2012年度第3回英検1級結果

本日は英検のweb結果発表でした。

私は1級を受験しました。

結果

落っこちてしまいました。見ればエッセイ12点。
もう笑うしかない。受けるたびにエッセイの得点が落ちていく。

一回受かっただけで受験を止めないで本当に良かったです。
私はまだ、英検1級取得者と堂々と言えるレベルにありません。

今回の結果を見て、改めて英検もTOEICを受けるがごとく
受けなければならないなと思いました。

英検1級の問題作成者はTOEIC同様、きまぐれではなく、
何らかのコンセプトに基づいて試験問題を作成しているはずです。

つまりそこにはルールがある。そのルールを正しく認識すれば良いのです。
そして悪く言えばそれを利用すれば良い。

正面から戦っての勝ちが覚束ないのなら、策を弄するしかない。
策を弄して勝てるようになってから、正々堂々と挑み直せば良いのです。
こっちは大枚をはたいて受験しているわけで、
バカ正直に挑んで虚しい結果ばかり出ているようでは先に続かない。

語彙問題はともかくとして、
・読解問題はどのような誤答を忍ばせて来るのか?
・エッセイをどう書くべきなのか?
・リスニングではどのようにハメて来るのか?

これらの問題を突き詰めて考え、
これらへの自分なりの答えと更なる実力を携え
6月の試験に臨みたいと思います。

その答えが正解かどうかは、その時の試験結果が教えてくれます。

それでは引き続き合格者平均以上での合格目指して頑張ります。

第177回TOEIC公開テスト結果

2013/1の公開テストの結果が出ました。

無題

でた、このスコア。またもや寸止めです。


990点はいまだ遠い。

実は今回、LとRが逆転したスコアを予想していました。
なのでL495点というのは驚きです。
とはいえ、あと1問でも落としたら495を割る出来だと思います。

そんなわけで、どちらのセクションも
安定して495点を取るにはあと一歩が足りませんし、
最近英検やら学習会やら勉強会やらで至らなさを感じてばかりなので、
また気を引き締めて頑張ります。

ところで、つい今申しました通り、
先週末は土曜にKIYOさんと学習会を開き、
日曜はあ~るさんの勉強会へコメンテーターとして参加しました。
どちらも超楽しかったです。

学習会にご参加頂きました皆様、本当に有難うございました。
とある問題の所為で、なけなしの面目がマルツブレでしたが
こんな風に楽しくやれているのは、TOEIC好きな皆さんのお蔭です。

まだまだバンバンやりたいです。
チャンスがあれば、地元で。

元ぬ○恵さん、、ご一緒に如何でしょう…?
プロフィール

HeadbuttK

Author:HeadbuttK
(略称:HBK)
崖っぷち会社員。

TOEICマニアです。
TOEIC990点を25回取得。

一応英検1級も取得。

謎団体「チーム寺子屋」所属

twitterでも同じHNで頻繁にTOEIC絡みの事を呟いてますので同志の方は何卒フォローをば。

☆TOEIC戦績☆
---昔---
01回:710(345/365)
02回:825(450/375) IP
03回:870(480/390)
04回:800(415/385)
05回:890(450/440)
---2011年---
06回:915(480/435)
07回:960(495/465)
08回:950(485/465)
---2012年---
09回:955(495/460)
10回:970(490/480)
11回:970(495/475)
12回:975(495/480)
13回:960(495/465)
14回:985(495/490)
15回:990(素点97/98)
16回:990(素点98/99)
17回:985(495/490)
---2013年---
18回:985(495/490)
19回:960(495/465)
20回:985(495/490)
21回:970(495/475)
22回:985(495/490)
23回:990(全問正解!)
24回:955(495/460)
25回:980(495/485)
26回:970(495/475)
27回:975(485/490)
---2014年---
28回:985(495/490)
29回:990(素点98/100)
30回:990(素点98/100)
31回:985(490/495)
32回:990(素点99/99)
33回:990(素点98/100)
34回:985(495/490)
35回:980(490/490) IP
36回:990(素点98/100?)
37回:990(素点99/99) IP
38回:990(素点99/100?)
---2015年---
39回:990(素点98/100?)
40回:990(素点98/99?)
41回:985(490/495)
42回:990(素点98/99) IP
43回:985(495/490)
44回:980(495/485)
45回:990(素点100/99?)
46回:990(素点99/98?)
47回:985(495/490)
48回:990(素点98/100?)
49回:990(素点100/99?)
---2016年---
50回:990(素点99/99?)
51回:990(AM全100%)
52回:990(AM全100%)
以上、2代目TOEICとの戦績
以下、3代目TOEICとの戦績
53回:990(素点99/97?)
54回:985(495/490)
55回:990(未検証)
56回:980(495/485)
57回:990(素点99/99?)
58回:990(素点95/97?)
59回:980(495/485)
---2017年---
60回:990(素点97/96?)
61回:申込済
62回:申込済

☆英検1級戦績☆
6勝4敗4分
CSE2.0(戦闘力)2831
凡例:HBK得点/合格最低点
   1次   2次
01回:077/79|1次敗退
02回:071/81|1次敗退
03回:080/78|071/60
04回:072/81|1次敗退
05回:084/78|054/60
06回:092/78|081/60
07回:088/78|敵前逃亡
08回:087/80|066/60
09回:075/77|1次敗退
10回:093/83|064/60
11回:093/82|052/60
以下、CSE2.0導入後戦績
合格最低スコア(一律)↓
1次:2028 2次:602
   1次  2次  計
12回:2195|636|2831
13回:2190|584|2774
14回:2192|602|2794

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者数