TOEICマニアについて

TOEICマニアという人種がいます。

奇妙な価値観を持っていると思います。

スコアもしくはTOEICという試験そのものを追う者たちで
その果てに実践という目標がありません。
また、TOEICのスコアがあがったからといって
特に会社で厚遇されるわけでもなかったりします。

単純にTOEICが遊びの対象もしくは趣味なわけです。
人口で言ったら日本で数百人くらいしかいないと思います。

私も純然たるTOEICマニア…というわけではありませんが、
英語の一つの楽しみ方を味わう為に、自らをTOEICマニア化し
TOEICで遊んでいるところはあります。
私の中にいる英語キャラの一人という感じです。

TOEICマニアは純粋な英語屋から「ムダ」とか「ヘン」とか
結構口汚くののしられる、被差別者的立場にありますが、
TOEICマニア的な受け方や知識は、
TOEICというルールのある試験において実力を出す為に結構大事です。
TOEICの先に実践や社会的利益を見ている方でも、
一時TOEICを遊びのように考えてみるのも悪くないと思います。

「TOEICは無対策で挑んで英語力をチェックするべきものだろ?」
と言う方もいますが、TOEICにおいてはそれはやめた方が無難です。
先ほどは「ルールのある試験」と書きましたが、もう少し悪く書くと
TOEICは仕組みやつくりをある程度知らないと、
本来の実力すら出せない、実は不公平なテストだからです。

例えば、TOEICのパート7には2つの文章を読んで
5つの設問に答える問題(以下Double Passage:DP)がありますが、
その中には、2つの文章それぞれの情報を引き出し、
それらを組み合わせて総合的に判断しないと
正解を得られないものがあります。

これはTOEIC受験者なら皆知っているべき常識なのですが、
このことを知らない実力者が勇んで無対策でDPに挑んだとき
「正解は二つある文章のどちらかから探せばよい」
などと勝手に思い込んでしまったら
最終的に解けない事は無いにしろ、無駄に時間を食う事は必至です。
無駄に時間を食えば、実力を発揮出来る時間は減ります。
結果にも何らかの悪影響が出るでしょう。

このような「(仕組みを知らないせいで)実力を出せなかった」という、
カネを払ってまで陥りたくはない事態を避けたいが為に
色々考えた結果現れたのが諸々のテクニックであり
それらを擁するTOEICマニアだと思っています。

TOEICマニアの発言は、ときに英語そのものから
離れすぎている場合(再出可能性の高い問題がどうのとか)もあるものの
中には力をちゃんと出すための武器となる情報もありますので
発言の全てを無条件に切り捨てる必要はないと思います。

これは自己弁護ではありません。
実際、実力より低いスコアが出て納得する人は少ないでしょうし、
力を出し切れなかった、後悔の残るテストのスコアを
良しとする人も少ないでしょう。

そういうわけで、TOEIC的テクニックひいてはTOEICマニアの
地位向上に努めるという事を、来年の密かな目標にしたいと思います。

…無理かなぁ。
スポンサーサイト

TIME講読道場4

第4弾です。

英検一級対策をにらみつつ、楽しくやっております。

今回は2歳児についてです。

毎度のことですが、私は素人です。
間違いの可能性がありますので説明を鵜呑みにしないでください。
-追記-
誤訳発生しました。詳細はコメントのやりとりを参照ください。

TIME MOBILEに2012/12/27に投稿された
"Toddlers' Early Language Skills May Influence Later Anger Management"
の冒頭を抜粋します。

"Ah, the terrible twos: in between those heart-warming moments of wonder and devotion are those tantrums over having to put socks on that define this year of development."

Terrible twosというのは「魔の二歳児」という意味です。

私の試訳をまず書きます。

「赤ん坊の早期言語習得が、後々怒りのコントロール能力に影響を与える可能性」

「あぁ、魔の二歳児よ。あの心温まるような好奇心と思いやりの狭間にある、君の今年の成長を示す[また大きくなった]靴下を穿かせなければならない時に爆発させるあのカンシャクと言ったらなんだい。」

見どころは以下の2点です。

①文の真ん中あたりにあるareって何?
このareはin betweenと関連付けて読まないといけないと思います。
シンプルに書くと、コロン以降のこの文章は、
in between A and B are Cという形になっています。

この構文の意味は「AとBの間にCがある」といったところかと考えます。
are those tantrumsはV+Sという順になっている倒置です。
頭に前置詞句があると、主語と述語動詞の倒置現象は時々起きる印象です。

in between A and Bの後にコンマを入れて、
そのコンマの後にthere is/are構文を入れると構造が分かりやすいのですが、
there is/are構文は新情報(読み手にとって新しい事柄)を提示する際に
用いるものであり、thoseという指示代名詞(指示形容詞)と馴染まない為、
ここでは使用されていないと考えます。

なぜここでなぜいきなりthoseという代名詞が来ているかというと
二歳児が見せるやさしさや好奇心、わがままさは世間一般で
常識的なものだと筆者が判断しているからです。
「わかるよねっ!?」て感じで書いているのだと思われます。

②後半にあるthatって何?
このthatは関係代名詞です。

「え?前置詞onと結びつく関係代名詞なら、thatは使えないんじゃないの?」
と思われた方は要注意です。
ここはwhichでも良いですがthatでも問題ありません。

TOEICパート1でput onが使われる時を思い出して欲しいのですが、
put onの後には必ず身に着けるもの(名詞)が目的語として出てきます。
ですから、自然に考えればここでの目的語は
onの直前にあるsocksです。thatではありません。
(語順はput on socksでもput socks onでもどちらでも良いです。好みの問題です)

また、前置詞+関係代名詞における関係代名詞は
原理的に目的格の関係代名詞になります(元の名詞が前置詞の目的語だから)。
よって、前置詞+関係代名詞が導く関係代名詞節内には
主格(主語)が残っていないといけません。
しかし、このthat節内を見渡しても主語になれそうな名詞がありません。
(節内の名詞this yearとdevelopmentはどちらも単数形ですから、
defineという原形の主語になる資格がありません)
ですから、このthatは主格の関係代名詞だと見なすべきです。

このあたりの事情を総合すれば、on thatを
前置詞+関係代名詞という括りでとらえる解釈を捨てられます。

socksなら複数形で、defineという原形ともマッチします。

なお、その他にいくつか複数形の名詞がthatの前にありますが、
先行詞としては位置的に少々離れすぎていますし、
"state or describe exactly…"云々とオックスフォードに書いてある
defineの定義に最も合う形で子供の成長を証明するものと言ったら、
サイズが書いてある靴下しかないですよね。

今回は以上です。

Tommyオフ感想

Tommyさん主催のオフ会に参加してきました。
Tommyさん、ご参加の皆様、昨日は大変お世話になりました。

このオフ会は毎年恒例らしいのですが、
私はTOEIC歴が比較的浅いため、初参加でした。

その為、うまく打ち解けられるか若干の不安はありましたが、
立食パーティーという非常にインタラクティブな形式だったおかげか、
豪華なフレンチにほとんど手を付けることなく、
他の参加者各位との歓談であっという間に終わってしまいました。

美味しいフレンチは他の参加者のお腹に収まったはずですので良しとします。
私の横でものスゴい勢いで料理(じゃがいもと牛肉の料理)を
すくう女性がいたのでシェフも大喜びのはずです。

しかしこの会、場代だけでも、会費×10倍分の価値はあるというもの。

Tommyさんはもちろん、TOEIC業界的にスゴい方々(TOEIC講師)が
沢山お見えになってました。ここでは明記を控えますが、
Tommyさんの人望が伺えます。
会の後半に非常にチャレンジングなアクティビティが行われ、
TOEIC講師の方々と交流の機会を持つこともできました。

そんなわけで、非常に楽しいパーティーだったわけですが
一つの気づきを得る事が出来ました。

TOEICに対する想いの甘さです。

出席者の方から「どうして990点を取ろうと思ったんですか」という
ご質問を多く頂いたのですが、私の中にこれぞという答えがありませんでした。
「とにかく取りたかった!!」という熱い気持ちは常々あったのですが、
それが口をついて出てこなかった。

正直な話、私は他の990点取得者と比べれば、
圧倒的に少ない努力で990点に到達していると思います。
(元から抜群の英語力があり、取るべくして取ったような方は別ですが)

私よりも遥かにTOEIC学習に精を出しておられる方は、
自分の周りを見渡せばすぐに複数人見つかります。
そつなく学習をしたと言えば聞こえは良いかも知れませんが、
真の努力家からすれば、私の努力などきっと鼻で笑われてしまいます。

2012年9月の公開テストで985点を取ったとき、
「さぁここから先が本番だ」と息巻いていたのですが
その矢先、10月の公開テストで990点が出てしまいました。
「取れてしまった」という表現の方が適切かも知れません。
取れた瞬間こそ安心しましたが、
990点一歩手前の受験者として、もう少し茨の道を歩みたかった。

TOEIC990点は、根性や気合いでどうにかなるものではないとはいえ、
TOEICに対するアツさやひたむきさ、愚直さは必要です。

会場の燃え上がるような雰囲気や参加者の皆様の想いに触れるにつれ、
私には990点到達者にふさわしい、想いや気構えが
希薄なのではないかと感じさせられました。
期せずして取れてしまった、真の努力の機会を逸した代償は
小さくないのかも知れません。

しかし、自分の身に起こってしまったことは変えようがありません。

今回のオフ会を通じ、私は990点取得者の一人として、
すべきことがあるならしたいと思いました。昨日得た気づきは、
来年以降の私のTOEIC、ひいては英語そのものとの付き合い方に
大きな契機を与えそうです。

来年もオフ会があるとすれば、我こそはという思いで参加出来るよう
行動を起こしていきたいと思います。

東京勉強会スピンオフ第2回御礼

本日はTOEIC勉強会を都内某所にて開催しました。

ご参加頂きました皆様、誠に有難うございました。

実は今日は当勉強会の他にも、魅力的なTOEIC系(英語)セミナーが
いくつか行われていたのですが、
幸いにも座席が全て埋まり、胸をなでおろすばかりです。

話は変わりますが、今日各講師が申し上げたことは、
一朝一夕で身に着くものではありません。

シャドーイング・待ち伏せ・設問選択肢の瞬間理解…

色々と取り上げられましたが、
私の印象では、これらは全て中~長期的な取組みが必要となります。
やはり、多くの受験者にとってTOEICのリスニングは甘くないです。

ですから、日々のリスニング学習で
是非とも今回の講義で語られた内容を取捨選択したり
あるいは組み合わせてみたり、色々と試行錯誤しながら
最終的ご自身に合ったTOEICに対するアプローチへと
磨き上げて頂ければなと思います。
そういう過程を経て更にTOEICが好きになる人もいます。
TOEICが好きになれば、スコアもおのずと上がる。

東京勉強会のスピンオフセミナーの開催は現状未定ですが、
KIYOさんが主催となっている「学習会」は近々予定されております。
 ※便宜上「KIYOさん主催=学習会 あ~るさん/私主催=勉強会」 
  という名前分けをしております。詳しくは、
  KIYOさんのブログを訪問してみて下さい(当ページ左下リンク欄参照)。

皆様からの各講義毎のご質問や、
勉強会の最後に頂戴致しましたアンケートのご意見を大切にし、
早速近々の学習会に反映させていきたく考えております。

より良き学びの場を目指して頑張りますので、
今後ともひとつ宜しくお願いします!!

TOEIC東京勉強会スピンオフ第2回

明日、あ~るさんのTOEIC東京勉強会のスピンオフ勉強会第二回を行います。

今回の勉強会はリスニングにフォーカスします。

おかげ様で既に定員を超えている状態ですので、
ここでの告知は結局出来ずじまいでしたが、
共同主催者であるKIYOさんと細田君と一緒に
TOEICのリスニングについて考えた事、思う事を
受講者の皆様に語りたいと思います。

ご応募頂いた方、大変有難う御座います。

TOEICのリスニングには、無策で挑むのは無謀です。
私も純粋な英語力だけで解いた場合、
満点を取ることは出来ないと思います。

特に、パート3&4はやや長いトークひとつに
設問が3つという、結構ボリュームのある問題群です。

実にタフです。

しかし、ボリュームがあるということは、
見方を変えれば、それだけつけ込む余地があるとも言えるわけです。
(一方のパート1や2は、放送内容が短いだけに、
かえって純粋な英語力が試されます)

そこで私は今回はパート3と4にフォーカスし、
自分がどのようにパート3と4の仕組みにつけ込み、
正解にたどり着いているかを、出来るだけ平易な
言葉で表現したいと思っています。
今、必死でその語り方を考えています。

私はここ最近リスニング495点を6回連続で取っていますが、
全然大したレベルではなく、いつも緊張していて
髪の毛をこねくりまわしながら何とか解いている程度です。

ですから、皆さんの悩みも良く分かります。

今回は各講義の最後に、質疑応答時間を多めに設けますので
何か悩み事があれば、どうぞ御気兼ねなくご質問ください。

英語力を伸ばすなんて大それたことは私には出来ませんが、
勉強会を通じて皆様のスコアアップに貢献できれば幸いです。

明日は宜しくお願いします!

TIME講読道場3

第3回です。

今回はやや軽めにします。

ある有名なボクサー(マニー・パッキャオ)の話です。
今回は冒頭から抜粋の為、予備情報は無しです。

以下、TIME MOBILEに11/8に投稿された
"Is Manny Pacquiao's Legend Gone For Good"より抜粋。

Boxing's combatants are so often molded by poverty, struggle, and a penchant for vice, it's hard for a single story to float above a canvas of so many hard-luck tales.

試訳は以下です。
「マニーパッキャオの伝説はもはや失われたのか」

「ボクシングのファイターは非常にしばしば貧困や苦闘、悪徳への傾倒などのありがちな型にはめられるものであり、そんなありふれた不幸話の中の、たった一つのエピソードだけが際立って目立つ事はなかなか難しい」

マニー・パッキャオは6階級制覇を成し遂げた超人らしいです。凄い。

見どころは4つです。

★have a penchant for~=~への(良くない)傾向
これは英検一級で出る可能性のある表現だと思います。

この文章を機に、定着させます!

★for a single story to float…
このforの用法は、先日のTOEIC公開テストのパート5で登場しました。
"for A to do(不定詞)"という形です。

to doのdoに当たる動作、つまり不定詞の動作を行うのはfor AのAになります。
言い換えると、to不定詞の前にfor+名詞の形が置く事で、
「to不定詞の動作を誰が行うのかを明確に示す事」
つまり不定詞の意味上の主語を設定する事が出来ます。

訳すと、「たった一つのストーリーが浮き彫りになる(こと)…」となります。

ちなみに、arrange for her to discuss…であれば
「彼女が打ち合わせ出来る(ように)…」と訳せます。

★float above a canvas
この表現はボクシングの特徴を生かした味わい深い表現だと思います。

直訳すると「キャンバスから浮かび上がる」です。
なんのことやらと思いますが、
キャンバスは数多のボクサーが人生賭けて戦う場であり
そこで生まれる試合や人間模様も様々なわけです。

そこから一つエピソードが何かの切っ掛けで浮かび上がって、
スポットライトを浴びるようになる、
といった事が言いたいのでしょう。

ちょこっとだけ、理解するのに想像力が必要ですね。

★接続詞がない。
ナマの英文を読んでいると、
たまにはこういう破格の文もあります。
そういうものだと受け入れるしかありません。

TOEICのパート5的に直すなら、
As boxing's combatants are so often…とすれば良いかと思います。
あるいは、付帯状況を表す分詞構文を用いて
With boxing's combatants being so often…とする方法もアリですよね。
他にも直し方はあるので、いろいろ試してみるのも楽しいです。


比較的素直な文章なので、内容理解がラクですね。

今回は以上です。

第175回TOEIC公開テスト結果

今日も震える手で、結果を確認しました。

KIYOさんに教えてもらった方法で、
結果確認ボタンを押す前に、そのウィンドウを小さくして右端に寄せて
リスニング→リーディング→合計の順で
少しずつドラッグして窓を左に戻していきながら確認しました。

2012.11 TOEIC result

図らずも2連覇を達成してしまいました!

今日もスコアを確認して、まず去来したのは安堵感でした。
しかしあんな手応えで取れて良いのか990点よ…
正直、リーディングはもちろん、
リスニングも495点を取れてないと思っていました。
アビメは間違いなくぼこぼこでしょう。

ですから、HUMMERさんみたいに「200問完璧に根拠をもって解けました」と
言いきれる実力はまだまだ遥か先であります。

でも、やっぱり「超」嬉しいなあ!!990点は!!

第176回TOEIC公開テスト感想

本日も公開テストを受けてまいりました。
受験された皆様、本当にお疲れ様でした。

メジャーフォームでした。4IIC31です。
今年の締めくくりとなる一回ですね。

今回のリスニングはパート1&2をほぼ確実にノーミスで乗り切れたので、
その後が気楽でした。パート3&4で計4問間違えても
495点になる可能性があると思うと、落ち着いた気分で挑めます。
逆にパート1&2でコケると、パート3&4が死ぬ気で挽回する場になるので、
ミスが許されず、精神的にキツいのです。

パート3&4含めた手応えを考えても、
リスニングは495点が出るんじゃないかと思います。

一方のリーディングは既に2問間違いが見つかっております。

どちらも愚かな凡ミスでした。
nationwideとinternationalの読み違えと
traffic on the roadをatと答えてしまいました。

総じて標準レベルの問題だったような気がするので、
今回はリーディングは1問ミスまで495点と予想します。
この2問の他にもどこかしら間違えているはずですから、もう終わったも同然です。
やはり私が990点をゲットするには、
まだまだマグレ要素が無いとダメなようです。

普段なら今頃独りむなしくガッカリしているわけですが、
今回はTBRに初出演して、いつも以上にTOEICを味わうことが出来たので、
不思議と気落ちはありません。
むしろ、TBRで視聴者を困らすような
変な事を言っていなかったかが心配です。

解説に関しては、他の出演者各位から要勉強です。

次回は1月ですが、テストもTBRも頑張ります!

TBR(TOEIC解答速報)告知

本日のTOEIC公開テスト終了後の解答速報のご連絡です。

~~~~~~~~~以下抜粋~~~~~~~~~~~

Sally's After-TOEIC Party December 2012

Date: December 9
Time: 6 p.m.-9 p.m.
Guests: あ~る、みかん星人、KIYO, HBK, H
(HUMMERさんは出演しません。理由は一身上の都合です。代わりに新メンバーのHBKさんとHさんが加わります。)

放送用URL:
http://std1.ladio.net:8080/TBR.m3u
     ↑
放送時間にアクセスすると聞けます。

BBS:
質問受付用スレッド

   ↑
12月9日(日)のTOEIC公開試験に関する質問がありましたら、何なりとどうぞ。
URL: http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/9131/1354982611/


~~~~~~~~~~~以上~~~~~~~~~~~~

私は初出演となります。何卒お手柔らかにお願いします(笑)

では試験会場に出発します。

TOEIC前夜

明日は第176回TOEIC公開テストです。

今回はそれなりに事前対策が出来たと思います。
模試の出来はあまり良くありませんでしたが。
今日の模試なんて、リスニングで9問ミスです。

正直、来週末にリスニングのセミナーを開こうとする人間が
出していい結果ではありません。

とはいえ、悩んでいても仕方がないので、
明日の公開テストで結果を出せばよいと、
自らを正当化します。

ところで、今回の公開テスト受験後は、
TBR(解答速報)にSkypeでゲスト(端役)出演する予定になっているのですが、
他の出演者全員と受験フォームが違うなんていう事態が
起こらないでほしいと密かに願っております。
でも、そうなったらそうなったで全力で頑張ります!

しかし、主催者(HOST)側から全くアナウンスがないのが不安。
このブログで正式告知をしようにも出来ず。

…そもそも今回もやるのでしょうか?TBR(笑)

成り行きに任せます。

明日も闘志を燃やして2時間頑張りましょう!!!

TIME講読道場2

第2回です。

多分TOEIC対策記事より更に需要の低い超ニッチな内容ですので、
新しい方面のマニアが集まれば良いなと思います。

本日はiPhoneとiPadのアプリの話です。

以下、TIME MOBILEに2012/12/5に投稿された
"A Much Nicer Gmail for iPhone and iPad"より抜粋します。

"…But it's refreshing evidence that Google is capable of building first-rate iOS apps when it puts its mind to it. Every time it does, the oft-theorized notion that the company is intentionally holding out on iOS users to boost Android sounds more like paranoid fantasy. (I admit that I've sometimes indulged in it myself.)"

この文章の直前には、「GoogleがiPhone&iPad用のGmailアプリの
インターフェイスを大幅に改善し、筆者はそれを非常に喜ばしく感じている」
という文があります。その感動を記事にしたのです。その文脈を踏まえ、
冒頭の逆接Butの意味をしっかり捉えて訳してみて下さい。
また、競合関係にあるアンドロイドとiOSのスタンスも考慮する必要があります。

私の試訳は以下です。
「スバ抜けて使いやすいiPhone&iPAD向けGmailアプリ」

「…しかし、そのこと(Gmailのインターフェイスが大幅に改善された事)は、Googleが、その気になれば一流のiOSアプリを開発出来るのだという、従来の認識を払拭するような証拠である。常にそうしていれば、しばしば通説化されている、同社が意図的にアンドロイドのシェアを伸ばす為に、iOSユーザーに対してもったいぶっているという認識が一層妄執めいて感じられるというものである。(私自身、時々それ[=通説]に傾いてしまっていた事は認めざるを得ないが)」

itが沢山あるので、適当に訳すと痛い目を見るでしょう。

今回私が気になった部分は二つです。
★2文目の文構造が掴みにくい!

カッコで括って分かりやすくします。
(Every time it does), the oft-theorized notion [that the company is intentionally holding out on iOS users to boost Android] sounds more like paranoid fantasy.

キモの部分を抜き出すと、こうなります。
the oft-theorized notion sounds more like paranoid fantasy.
知覚動詞soundを述語動詞とする2文型です。
[  ]で括った部分は、notionを詳しく説明しています(同格のthat)。

(  )部分はifとthe company(=Google)が省略された
従属節と考えるべきかと思います。
元はIf the company does it every timeといった文章だったかと。
Every timeとitが強調されて倒置が起きています。
(itをGoogleと捉える事も出来ますが、主節の方にthe companyがあるので、
くどいからこっちを省略したと私は解釈しました。
従ってitの指示内容は「iOS向けアプリインターフェイスの改善」です。
ここは、意見が分かれそう)

全体的な話に戻します。

最初この文章に目を通した時、私は
Androidとsoundsをつなげて読んでしまったので、
「アンドロイドの音色ってなんじゃい」と首をかしげてしまいました。
しかし、ここを繋げて捉えると、述語動詞がない文章になる事に
気が付き、分離して考えることにしました。

英文講読は予測と修正の連続です。
最初読み間違えたら、別の解釈の可能性を辿れば良いと思います。

★1文目の"refreshing"をどう訳すか。
言い換えれば、なぜ"evidence"が"refreshing"なのかという事になりますが、
その直後の文章をきちんと理解出来れば腑に落ちます。

お分かりの方も多いと思いますが、
アンドロイドとiOSは業界シェアを争っています。
そんな中で、相手に(自己ブランドとは言え)便利なアプリを与える事は、
いわば敵に塩を贈るようなものです。

筆者曰く、インターフェイス改善前のiOS用のGmailアプリは
非常に使いにくかったそうで、iOSユーザーとしては
どうしても「これはGoogleの策略なんじゃないか」と感じてしまうわけです。
その思いを今回の改良がrefresh(=払拭)した、という事です。
こういう端的でキレる語句選定にシビれます。

なお、同じく2文目にある"hold out on~"というのは
「~に対して隠し立てをする」という英検1級で出る句動詞の一つです。
ここでは意訳しましたが。早速1級対策が役に立ちました。

今回は以上です。

ちなみに私はアンドロイドユーザーです。

TIME講読道場1

TOEIC受験の傍らで、私は近々英検1級を受け直します。

そこで、歯ごたえのある英文に触れようと思い、
TIMEを昨日から読み始めました。

折角読むので、ただ読み捨てるのも勿体ない気がします。
なので、読んだ中で気になった部分を(文化的であれ、英語的であれ何でも)
切り出して、いろいろ考えてみる趣旨のシリーズとして
本タイトルをリリースします。

果たして第2回第3回と続くかは、ひとえに私の辛抱力次第であります。

ところで、予め申しておきますが、私は無教養な人間です。
多少英語に覚えはあるのかも知れませんが、当然平気で解釈を間違えます。

ここは私自身の思考訓練、英語訓練の場であり、
圧倒的な英語力を有する人物が皆様に講釈を垂れるような
場ではない旨、予めご承知おき下さい。鵜呑みになさらないで下さい。

閑話休題。今回のお題はこちら。
以下、2012/11/1 "TIME MOBILE" に投稿された
"India's Air Pollution: Is It Worse Than China's?" という記事より抜粋。

If india's private sector can send me regular text messages about Ayruvedic cures for asthma, surely I could get a courtesy note from government I pay tax to when air pollution levels might give me an asthma attack.

インドの空気汚染‐中国より酷い?
という記事です。文字通り、インドの空気汚染事情を綴ったものです。

抜粋部分は記事の一番最後の文で、いわゆるオチにあたります。
オチって訳しにくいところですよね。だから敢えて挑戦します。

以下、私の試訳です。
「インドの民間企業が、喘息を治癒する為のアーユルベーダ療法のメッセージを定期的に私に送りつけてくるようなら、私は納税国(ここではインド)政府から優遇措置通知を受けられて然るべきである。(それは)空気汚染のレベルが喘息を引き起こすほど猛威を振るうようになった時だからだ」
 ※アーユルベーダというのは結構しっかりしたインドの治療法らしいです。
  頭にオイルを流す感じのものです。
  日本にもそういうエステがあるみたい?

結論を申しますと、この文章は
「インドの行政が環境改善に対して怠慢をしているから、喘息が流行るし
民間企業からの治療(スパム)メールが横行するんだ」
という事が言いたいわけです。…きっと。

その根拠ですが、このオチの直前に、インドの現状に対する類例として
かつてのロサンゼルスでの空気汚染対策が挙げられています。

当時のL.A.では、汚染がひどい日は警報が出る仕組みがあったそうです。
しかし、これには二つの側面があると、この記事は述べます。即ち
・(警報が出れば)汚染による被害を回避できる(良い面)
・政府が十分に改善活動を行えていない事の証明である(悪い面)
ということです。

この類例を受けて、オチの文章に含まれている
text messageとcourtesy noteの関係性を見抜けるかどうかが、
この文章を理解できるか否かの分かれ目だと思います。
つまり、「民間企業のスパムメッセージ=ロスの汚染警報」、
「優遇措置通知=改善対策不十分」という言い換えです。

こういうのを瞬時に理解出来たら、カッコいいですよね。
この解釈が合っているかどうかわからないですけれども!

余談ですが、文中のgovernmentとIの間には直後の前置詞toの目的語にあたる
目的格関係代名詞のwhichが省略されています…と思われます(恐らく)。

ポイントとなるのは以上でしょうか。

初回なので、まだ書き進め方の方向性が定まっておらず
殴り書き風の文章になってしまいましたが
今後も頑張りますので、お付き合い頂ければ幸いです。

誤訳のご指摘も歓迎です!勉強させて頂きます。

足掻き

TOEIC公開テストまでちょうど一週間となりました。

本気でスコアを出したい、上げたいと考えている人であれば
もう眼を血走らせて頑張っている頃だと思います。

私も昨日はリスニング模試を2セット、
リーディング模試を1セット解きました。
私なりにはかなり頑張った方です。今日も頑張ります。

この時期は、とにかくTOEICの英語に触れる事が何より大切です。
一冊の本や模試を徹底的に見直すのも良いですし、
ひたすら沢山の模試を解きまくるのも良いです。

要点は、TOEIC的情報量を増やすことです。

一昨日KIYOさんとスカイプで会話した時に、
お互いこんなことを言いました。

KIYOさん「solidifyは以前解いた模試の中にあったはず」

HBK「そういえば、You'll be glad you did.も
  本番攻略10回模試のTest4のリーディングに出ていた」

上記のどちらの問題も、試験後
TOEIC受験者をざわつかせたものでしたが、
そういった問題でも、事前に学んだ際に興味をもって注目しておけば、
確実に正解出来たわけです。

TOEICの模試本は、設問や回答根拠だけが全てではありません。
それ以外のところにもスコアアップにつながる要因は含まれています。

その辺の事情から、私は情報量を増やすのが良いと思っています。
適した増やし方は、人によって違います。

先ほども申しましたが、
模試を沢山こなして、その中からそれだけ多く学ぶのも一つの手ですし
一つの模試を精査し、不明点を何一つ残さぬようにするのも手です。
何れの方法でも、モノになる情報量は結果として増えますから
自分に向いたやりかたを選ぷのが良いと思います。

その拠り所とすべきは、公式問題集を筆頭に
今巷を賑わせている模試:出る模試、究極の模試、リアル模試
※発売逆順 などが最適です。勿論模試である必要はありません。

我々は預言者ではありませんので、
10、いや20、30調べたことのうち、1でも当たれば儲けものです。
TOEICでは、1(=5点)に泣くこともありますから。
(990点付近は、特にそうです)

もうひと踏ん張り、頑張りましょう!
ここで諦めたら、たかが5点に泣くかも知れませんヨ。
プロフィール

HeadbuttK

Author:HeadbuttK
(略称:HBK)
崖っぷち会社員。

TOEICマニアです。
TOEIC990点を28回取得。

一応英検1級も取得。

謎団体「チーム寺子屋」所属

twitterでも同じHNで頻繁にTOEIC絡みの事を呟いてますので同志の方は何卒フォローをば。

☆TOEIC戦績☆
---昔---
01回:710(345/365)
02回:825(450/375) IP
03回:870(480/390)
04回:800(415/385)
05回:890(450/440)
---2011年---
06回:915(480/435)
07回:960(495/465)
08回:950(485/465)
---2012年---
09回:955(495/460)
10回:970(490/480)
11回:970(495/475)
12回:975(495/480)
13回:960(495/465)
14回:985(495/490)
15回:990(素点97/98)
16回:990(素点98/99)
17回:985(495/490)
---2013年---
18回:985(495/490)
19回:960(495/465)
20回:985(495/490)
21回:970(495/475)
22回:985(495/490)
23回:990(全問正解!)
24回:955(495/460)
25回:980(495/485)
26回:970(495/475)
27回:975(485/490)
---2014年---
28回:985(495/490)
29回:990(素点98/100)
30回:990(素点98/100)
31回:985(490/495)
32回:990(素点99/99)
33回:990(素点98/100)
34回:985(495/490)
35回:980(490/490) IP
36回:990(素点98/100?)
37回:990(素点99/99) IP
38回:990(素点99/100?)
---2015年---
39回:990(素点98/100?)
40回:990(素点98/99?)
41回:985(490/495)
42回:990(素点98/99) IP
43回:985(495/490)
44回:980(495/485)
45回:990(素点100/99?)
46回:990(素点99/98?)
47回:985(495/490)
48回:990(素点98/100?)
49回:990(素点100/99?)
---2016年---
50回:990(素点99/99?)
51回:990(AM全100%)
52回:990(AM全100%)
以上、2代目TOEICとの戦績
以下、3代目TOEICとの戦績
53回:990(素点99/97?)
54回:985(495/490)
55回:990(未検証)
56回:980(495/485)
57回:990(素点99/99?)
58回:990(素点95/97?)
59回:980(495/485)
---2017年---
60回:990(素点97/96?)
61回:980(495/485)
62回:980(495/485)
63回:990(素点99/98?)
64回:990(素点97/96?)
65回:990
66回:申込済
67回:申込済

☆英検1級戦績☆
6勝4敗4分
CSE2.0(戦闘力)2831
凡例:HBK得点/合格最低点
   1次   2次
01回:077/79|1次敗退
02回:071/81|1次敗退
03回:080/78|071/60
04回:072/81|1次敗退
05回:084/78|054/60
06回:092/78|081/60
07回:088/78|敵前逃亡
08回:087/80|066/60
09回:075/77|1次敗退
10回:093/83|064/60
11回:093/82|052/60
以下、CSE2.0導入後戦績
合格最低スコア(一律)↓
1次:2028 2次:602
   1次  2次  計
12回:2195|636|2831
13回:2190|584|2774
14回:2192|602|2794

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者数