TOEICの上位語や言い換えについて

TOEICでは、しばしば変な表現が出てきます。

パート1では、植木鉢を置く台をplatformと言ったり、
入れ物をやたらとcontainerと表現したりします。

パート3&4以降ですと、
なかなか端的な例が思い浮かびませんが
例えば細かな情報や資料をsome informationとまとめたりします。

こんな風に、TOEICではあいまいな表現がよく問題に含まれています。

中には
「こんな言い方普通しないよ」
「なんでわざわざ抽象的な言い回しをするんだろう」
と思う方もあるかも知れません。

でも私はこれらの表現は意外と使えると思っています。

なぜなら、あいまいな言葉ほど汎用性があり、
困ったときに使いやすいからです。

日本人はシャイで間違いを嫌い、英語を完璧に表現しようと
頑張るタイプだと思いますので、
ついつい実戦で小難しい表現を使ってしまいがちです。

小難しい説明をしているうちに、パート3のような
キャッチボールにならず(あれはあれでスムーズ過ぎる気もしますが)、
時間が不自然に経ち、酷い時は自分が何をどこまで話したかも
分からなくなってしまう事もあります。

私は英会話が必要な時にしばしばそういう経験をしてきました。
無論今でも苦労しています。

しかし、TOEICに出てくる上位後やあいまいな表現を沢山覚えておくと
色々な場面で応用できる可能性が増えると思います。

platformはサイズを問わず(植木鉢のちょっとした台から駅のホームまで)
大小さまざまな「台」を表せますし、containerは試験管からツボまで、
幅広い「容器」をカバーできるようです。

英語には日本語と違って、一つの単語に意味の広がりがあります。
そこを味方にできれば、いたずらに単語を覚えずとも表現力の幅は広まるし
表現する際の瞬発力も上がってくると思います。

TOEICは上手く学ぶと、素晴らしい効果を発揮します。

スコアを追う傍らで、こういった面も意識されてみては如何でしょうか。

定評のあるTOEIC本は言い換え表現がキレています。
公式問題集に加え、それらを使って強化しましょう。
スポンサーサイト

第172回TOEIC公開テスト感想

TOEIC公開テストを受けてきました。

受験された皆様、本当にお疲れ様でした。目標スコアが取れそうでしょうか?

今回は私はちょっと不調でした。

少し言い訳をさせてもらいますと
直前一週間は完全に仕事に時間を取られ、勉強が出来ませんでした。
それに今朝は財布がなくなる(職場に忘れる)というアクシデントが発生し
精神的な焦りがあったかもしれません。
そういったマイナス要素が見事に本番に響いた形となりました。

私はまだまだ詰めが甘いレベルですので、
ちょっとした外的要因に容易に左右されてしまいます。
不動の990点取得者は、きっとこんな情けないことは言いません。
猛省です。


…さて、今回の感想ですが、リスニングは多分485~495点だと思われます。

問題はリーディングです。とりわけパート7。

ここ数回の公開テストではなかった事ですが、
回答根拠を探しきれなかった問題が二問ありました。
それらは消去法で解くしかありませんでした。

全体的に波に乗れず時間配分がガタガタになり、
全問解き終わったのは2時59分でした。
見直しの余裕などなく、多くの不確定要素を含んだまま
解答用紙が回収されてしまいました。(最近、時間が余りません…)

990点はおろか、950点も怪しいかも知れません。

帰りの電車の中でひとしきり落胆し、逡巡したのち
このままではこれ以上のスコアアップは難しいと結論付けました。

そこで、徹底的に学習量を増やすことにしました。
(これは一日一模試、通勤電車の中でも模試を解く
TOEICファイターKIYOさんに日頃より刺激を受けての決断でもあります)

ひたすら問題を解き続ける事でセンスを研ぎ澄まし、
解答力が衰える暇を与えないようにします。

やらなければならないことは非常にシンプル、そしてタフですが
今の自分にはこんな荒療治くらいしか効きそうな方法がありません。
この修行の成果を必ずや9月の公開テストで叩き出したいと思います。

あと、仕事疲れに任せて寝床に直行する自分にサヨナラします。

今日の公開テストはホント良い勉強になりました。

Part7 精読&攻略セミナーについて

早速ですが、共同開催にてTOEICセミナーの講師を担当する事になりました。

パート7特化型です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
セミナー名:「TOEIC Part7 精読&攻略セミナー」
日時:8月12日 午後より
会場:東京都渋谷区
定員:20名
会費:500円
講師:KIYO、細田雅也、小生
※セミナーの詳細はこちら→ http://t.co/GRk1yJfm
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

昨日参加者募集を開始致しましたが、
即日満員御礼となりました(キャンセル待ち歓迎)。
 ※(2012/7/24追記)誠に勝手ながら募集を締め切らせて頂きました。
嬉しいやら恐れ多いやら不思議な気持ちです。

左のハシラの私のプロフィールをご覧頂ければバレバレですが
私には990点という揺るぎないTOEICスコアはなく、
知名度も集客力もありません。ですから、この盛況ぶりはひとえに
私以外の990点取得者である両講師の力によるものと思っております。

ともあれ、夏休みシーズン中の開催にもかかわらず
本セミナーにご応募頂きました皆様に主催者一同心より御礼申し上げます。
皆様のスコアアップに貢献すべく、全力で講師を務める所存であります。
宜しくお願い致します。



さて、以下は少し冗長な余談になりますが、
本セミナーに抱く私個人の期待を申し上げたいと思います。
(他の講師はまた違った想いを抱いてセミナーに臨む事でしょう)

結論から申しますと、「TOEICの時短ブームに喝」というところです。

TOEICのパート7は難化傾向にあるとよく言われます。
それに追随する形で、時間短縮が実しやかに囁かれています。
しかしながら、時短というのはそもそも
TOEICの英語が理解できる(読める)事を前提に成り立つものです。
英語がきちんと読めない人が時短するのは、謎の少数民族語を
流し読みで理解しようとするのと等しく、何ら得策とは思えません。

「TOEICの文章をきちんと読めるようになろう!」という視点が
個人的には現在のTOEIC業界には欠けていると感じております。
現に「解き方」が明確に示されているTOEIC参考書は多いですが
「読み方」が示されているものは皆無と言っても過言ではありません。

TOEICの参考書は、読める事が前提となっているのです。
穿った見方をしてしまえば、それは
「読めない人を真の意味で読者対象にしていない」ということです。
独学者には厳しい。

TOEICのパート7の英文は決して簡単ではありません。
受験英語では習わない少々ビジネスライクな単語が使われますし、
文構造もやや複雑なものが含まれています。
でも、どう読めば良いのかTOEIC参考書は教えてくれない。
(解説の和訳を見れば確かに答えは分かるけど、
その和訳を自力で作れるのなら世話はないわけです)

このような事情では、英語が不得手のまま
英語を卒業してしまった方は特にですが、
パート7の苦手意識を容易に拭えないのは仕方のない事です。

じゃあ、もしそんな人たちが、
「読み方」をモノにしたらどうなるの?と思ったわけです。
「読み方」さえ分かれば、その先の「解き方」を身に着けるステップに
スムーズに移行できるはずです。要は急がば回れです。
私は、その切っ掛けを皆様とシェアしたいと考えております。

詳しい内容は今練っているところですが、
一連のシナリオは既に固まっております。

私は「読み方」しか説明しません。
そこから先の「解き方」の講義は細田君にお願いし、
読み方と解き方を一通り学んだ状態で、
KIYO氏特選のパート7問題にて「実戦練習」及びそのフォローアップを行い、
学習成果を見てみようという三段構えの構成となっております。

また、時間の許す限り質疑応答を行いたいと思います。


…だらだらと書いてしまいました。
最後までお読み頂き有難うございました。

重ねて、参加者の皆様、当日は何卒宜しくお願い申し上げます。

英検一級&TOEIC結果

本日は先月のTOEIC公開テストのWeb上結果公開の日でしたが
実は英検の二次試験結果発表の日でもありました。

TOEICはある程度結果が見えていたのであまり気になりませんでしたが
英検一級の結果があまりにも気になり、やきもきしてしまったので
仕事中スキを見て確認してしまいました。

それぞれ結果は以下です。
英検一級 結果

TOEIC 2012/6 結果

幸い英検一級二次は一発合格出来ました。

合格してもせいぜい60点台だと思っていたので
私からすれば71点はかなり上出来の点数です。
しかし、「3回に1回受かるレベル」感は否めませんので
更なるスキルアップを目指し頑張ります。

英検一級の二次試験については、私のような
「新聞もテレビも観ない無教養な人間でも短期間で合格できる方法」
について、もっと掘り下げて研究してみたいと思っています。


TOEICに関しては、良くも悪くも想定内の結果だった為、
特に思うところはありません。
最高の結果を出すべく、7月の公開テストに全力で挑むのみです。

今月の公開テストを受験される皆様、
また気合いを入れて頑張りましょう!

7月東京勉強会感想

本日は、知る人ぞ知るTOEICの達人
あ~るさん主催のTOEIC勉強会に参加してまいりました。

7月のTOEIC公開テスト一週間前ということで
モチベーションUPの良いきっかけとなりました。

改めて思ったことは、この「勉強会は良い」ということに尽きます。
理由は以下です。

①会費が安い(2,000円)
 安居酒屋で飲むのを一日我慢すれば、ゆうに捻出できる額です。
 
②訊きたいことが聞ける。
 事前に解いた問題の中で、どうしてもわからなかった事項を
 目安箱に投函するシステムになっております。
 問題だけでなく、お勧めの参考書や学習法等のアドバイスもOKです。
 随時口頭での質問もでき、且つし易い雰囲気なので、
 ほぼ全ての人が疑問を晴らして会を終えることが出来ていると思われます。

③本番で問われる難問(良問)がどんなものか何か分かる。
 今回扱った教材は公式問題集5だったので尚更ですが、
 一つの模試の中でも、難しいけど、本番での再現性のある問題は
 あ~るさんが参加者の質問を捌くのとは別に取り上げてくれます。
 のみならず、その個々の難問の難しさを抽象化して
 類題でも応用できる思考プロセスまで示してくれますので
 学習者としては得るところが多く、TOEIC的なセンスを養えます。

④ゲストがスゴイ
 990点取得者や、TBR出演者など、
 TOEICの事を良く知っている人がゲスト参加することが多々あります。
 ですからあ~るさん以外の高得点者の方々が、どのような取り組み方をして、
 そのスコアを勝ち得ているかも知ることが出来ます。

これらを考えると、やはり会費2,000円は安いと思います。

加えて、参加者各位が本当に熱心で、勉強会の雰囲気が
真剣なのも大事なポイントです。気が引き締まります。

伸び悩んでいる人にとって、ヤル気であれハウツーであれ
何らかの打開策を見いだせる良い場だと思いますので、
おススメ致します。


次回の開催予定は、確か9月です。Don't miss it!

英検一級二次試験感想

今日は英検一級の二次試験を受けてきました。

とても難しかったです、受かったかどうか分かりません。
感想を書きます。

2時集合ということで、15分くらい前に会場入りしたら、
私の前に既に20人くらいの一級受験者が控室で待機していて、
私に順番が回ってきたのは3時過ぎくらいでした。

個人的に気になっていた受験者の年齢層はバラバラで、
英語の小説か何かを読んでいる女の子もいれば、
リタイア後と思しきおじいさんもいました。

老若男女、帰国子女に純ジャパニーズ…ある意味
もっとも受験者層のバラける級なのかも知れません。
皆スゴイ英語が出来るんだろうなぁと勝手に妄想しておりました。

英検一級の二次試験は、緊張をほぐす為のフリートークの後に
与えられた5つのトピックの中から1つを選び、1分間の考慮時間の後に
2分間のスピーチを行います。その後、いくつかの質疑応答が続きます。

黄色い厚紙をひっくり返してトピックを選んでくれと言われ、
それに従い、トピックに目を通しました。

…英文が頭に入ってきません。
(一読して意味が取れないトピックは選ばないのがセオリーです)

15秒くらいで全体に目を通して、何となく意味が読み取れたのは、
トピック①の「アジア圏において日本がさらに何かをすべきか」と
トピック③の「宗教は学校で教えられるべきか」の二つだけ。

よし、①にしよう、製造業の技術移管やらチャンス拡大やら
いろいろネタがあるだろうと思って、
20秒くらいそっち系の構想を練っているうちにあることに気が付きました。

おや、①のトピックをよく見ると、副詞のpoliticallyが入っている…

ポ ポ ポ ポリティカリィ!!!ヽ(゚Д゚)ノ???
頭が真っ白になりました。

政治的な面での意見はとっさに出てきませんでした。
このままではまずいので、あきらめてもう一つすぐに意味の取れた
トピック③に賭けようと考えました。

私の主張はかいつまむと以下です。
1、宗教はある民族のアイデンティティーをあらわすから
  その民族性を伝える意味でも授業があってよい。

2、インターネットなどの過激派のアイデアから変な影響を受けないように
  学校で適切にしかるべき宗教観を教えるべきだ。

スピーチ時間は制限時間いっぱいまで使いましたが、完全に即興でした。

面接官の突っ込みは以下
1、学校教師も正しい宗教観を持っていないのではないか?
  応答:宗教観は個人個人ある程度の傾向性を持つものであるから、
     多少のブレはやむを得ないが、適切な範囲内での授業は良いのでは?
  (ネイティブ面接官、首をかしげる…)

2、学校は学問を扱うべきであり、宗教の授業は寺や神社で行うべきでは?
  応答:すべての生徒を寺や神社に送り込むのは不可能だ(現実的でない)。
     (お坊さんを学校に招くのも手だと言いたかったのですが
     さえぎられてしまう)

3、宗教差別は恐怖から生まれるものか?
  応答:危険性の高い宗教に対してはどうしても
     恐怖が生まれ、差別感も生まれるのは人情ではないか。

その後もう一個質疑応答がありましたが忘れました。

思いのほか抽象度の高い話になってしまいました。

上記、つつみ隠さず教室で行われた会話を再現しましたが
適切に応答出来たとは正直思えません。

ただ、無言の時間は作らないように努め、
常に考えを伝えようと喋り続けました。
このレベルのパフォーマンスがどれくらいの得点につながるのか
気になるところではあります。

二週間後の結果発表を不安とともに迎えることになりそうです。


教訓:副詞にもちゃんと目を通すべし。

必殺の英単語暗記法

なんてあると思いましたか。

…あるんです。

必殺の英単語暗記シートを作れば良いのです。ご紹介します!

●必殺の英単語暗記シート作成法●
①ルーズリーフを適量用意します。

②ルーズリーフをY軸(縦)方向に半分に折ります。1→1/2
 リングを通す穴のない方を持ち上げて折ってください。
 その際、紙の淵を合わせる基準点は、リング穴のうち
 デッカイ2つ穴の内側の端っこです。
 ※リング穴を無視して紙を二等分してはいけません。

③更にそのままもう一回Y軸方向に半分に折ります。1/2→1/4
 合わせるポイントは同じ。デッカイリング穴の端っこです。

④これで完成です。
 こうやって折れば、一行がほぼキッチリ四等分になっているはずです。

あとは覚えたい事を自由に書き込んでいきましょう。

以下、参考まで。

出来上がった暗記シートをエクセルのシートに例えて利用例をご紹介します。
 ・列方向は4分割したのでABCDの4列になります。
 ・行方向の行数は無論ルーズリーフの行数とイコールになります。

●記入法●
A1のところに覚えたい英単語を書き、B1にそれに対応する日本語を書きます。
以下、A2-B2、A3-B3…と書き進め、一番下の行まで埋まったら、
今度はC、Dの列に移って同じことを繰り返します。
全部終わったら、シートを裏返して裏面にも同様に書いていきましょう。

日付やソースとなった参考書の名前や参照したページ数を
欄外に分かりやすく記入しておくと後々便利です。

●活用法●
上記のように暗記シートを完成させたとして…

日本語の意味を覚えたい場合は、シートを折りたたんで
AもしくはCの列だけを見られる状態にして、BとDの列を隠しましょう。
英語を覚えたい場合はその逆。

ひっくり返せばすぐに答え合わせが出来ます。

●発展編●
4分割だと熟語やフレーズはスペース的に書ききれない場合が多いので
その場合は2分割にしましょう。

         ☆☆
冒頭では「必殺の」なんてちょっと大袈裟に書いてしまいましたが
極めてオーソドックスで、即効性のある方法だと思います。
Simple, yet authentic!

片手で学習出来るので、満員電車でも安心。
それにリングファイルに綴じた状態でも折り曲げ学習は出来ます。
好みの問題かもしれませんが、個人的には
所謂単語カードよりも取り回しが良いと思います。

因みにこの暗記シート作成に最適なのは「KOKUYO C罫5mm 100枚」です。
このルーズリーフはなんと片面43行ありますので、
裏表に上記の要領で単語を書き切ると、
たった一枚のシートで43×4=172語もカバーできます。

私はこの暗記法を大学生時代ドイツ語の学習をしていた時に編み出し
沢山の独単語を短期間で覚えることができ、単語テストだけは
やたら高得点を叩き出していました(そして今やキレイサッパリ忘れました)。

皆様の単語学習の一助になれば幸いです。

英検1級二次試験対策草案

私がここ数日行っている英検1級二次試験対策をご紹介します。

いかんせん私自身がまだ合格していない為、
有益か否かは分かりませんが方向性は大きく間違っていないと思います。
必ずや一発で合格して、それを証明したいです。
そして合格後、さらに掘り下げて考えてみたいと思います。

英検1級二次試験対策草案
1、インプットする。
私のような無教養な人間は特にですが、英検1級二次突破には
相当な情報のインプットが必要なようです。
空の水筒を幾ら振っても何も出てこないのと同じで
インプットなくしてアウトプットはあり得ません。

安易な抜け道を考えず、成長の機会ととらえて
神妙に暗記に勤しむべきかと考えます。

以下具体的な方法案です。
・本番で使えるネタを集める。
→ネタは以下の3つのカテゴリに分けて考える。
 ①パワーワード→どんなテーマでも役立ちそうなワード
  (ex, Traditional notion, prioritize, At the age of change)
 ②テーマワード→主に特定のテーマでキーポイントとなるワード
  (ex, UN Security Council, Weather eye satellite, QOL)
 ③各種会話表現→スピーチや質疑応答を円滑化するワード(ディスコースマーカー)
  (ex, Let me be sure I understand what you've said.,
   The bottom line is that~)

・ネタの覚え方(暗記法)
→適当な英検1級二次試験に向いたテキストを用意する。
 私の場合は以下の二冊が主軸です。
  ①旺文社刊「英検1級二次試験予想問題」
  ②ベレ出版刊「英語で意見を論理的に述べる技術とトレーニング」

 これらに載っている解答(スピーチ)例の中の重要と思われるネタや表現に、
 緑の暗記マーカーを引いていく。初めは最重要なものだけをマークする。
 赤の暗記シートを当てて、そこを隠しながらでも読めるようにする。
 マスターしたら、マーカーを引く部分を増やし、また赤シートを当てて読む。
 この過程を繰り返し、最終的に解答例をマーカーまみれにして暗記する。
 並行して、重要ワードを単語帳に書き込んで覚える。
 ※この手法は、私が大学受験時代に実践していたもので
  暗記を要する学習に幅広く役立つ力技だと思います。
  TOEICのパート3&4のスクリプトやパート7の文章等にも応用可でしょう。

2、アウトプットの訓練をする。
上記のステップを踏むと、かなりパワーワードが頭に入りますし
テーマワードをその他の領域へも援用できるようになってくるので、
大抵のテーマにおいて何かしら喋れるようになるはずです。

そうなったらあとは二分間喋り倒す訓練あるのみ!だと思います。
私はまだどちらかというとネタ集めの段階ですので、今のところ
アウトプット力UPの方法に関しては詳しく言及出来ません。

あと一週間、頑張ります!
プロフィール

HeadbuttK

Author:HeadbuttK
(略称:HBK)
崖っぷち会社員。

TOEICマニアです。
TOEIC990点を28回取得。

一応英検1級も取得。

謎団体「チーム寺子屋」所属

twitterでも同じHNで頻繁にTOEIC絡みの事を呟いてますので同志の方は何卒フォローをば。

☆TOEIC戦績☆
---昔---
01回:710(345/365)
02回:825(450/375) IP
03回:870(480/390)
04回:800(415/385)
05回:890(450/440)
---2011年---
06回:915(480/435)
07回:960(495/465)
08回:950(485/465)
---2012年---
09回:955(495/460)
10回:970(490/480)
11回:970(495/475)
12回:975(495/480)
13回:960(495/465)
14回:985(495/490)
15回:990(素点97/98)
16回:990(素点98/99)
17回:985(495/490)
---2013年---
18回:985(495/490)
19回:960(495/465)
20回:985(495/490)
21回:970(495/475)
22回:985(495/490)
23回:990(全問正解!)
24回:955(495/460)
25回:980(495/485)
26回:970(495/475)
27回:975(485/490)
---2014年---
28回:985(495/490)
29回:990(素点98/100)
30回:990(素点98/100)
31回:985(490/495)
32回:990(素点99/99)
33回:990(素点98/100)
34回:985(495/490)
35回:980(490/490) IP
36回:990(素点98/100?)
37回:990(素点99/99) IP
38回:990(素点99/100?)
---2015年---
39回:990(素点98/100?)
40回:990(素点98/99?)
41回:985(490/495)
42回:990(素点98/99) IP
43回:985(495/490)
44回:980(495/485)
45回:990(素点100/99?)
46回:990(素点99/98?)
47回:985(495/490)
48回:990(素点98/100?)
49回:990(素点100/99?)
---2016年---
50回:990(素点99/99?)
51回:990(AM全100%)
52回:990(AM全100%)
以上、2代目TOEICとの戦績
以下、3代目TOEICとの戦績
53回:990(素点99/97?)
54回:985(495/490)
55回:990(未検証)
56回:980(495/485)
57回:990(素点99/99?)
58回:990(素点95/97?)
59回:980(495/485)
---2017年---
60回:990(素点97/96?)
61回:980(495/485)
62回:980(495/485)
63回:990(素点99/98?)
64回:990(素点97/96?)
65回:990
66回:申込済
67回:申込済

☆英検1級戦績☆
6勝4敗4分
CSE2.0(戦闘力)2831
凡例:HBK得点/合格最低点
   1次   2次
01回:077/79|1次敗退
02回:071/81|1次敗退
03回:080/78|071/60
04回:072/81|1次敗退
05回:084/78|054/60
06回:092/78|081/60
07回:088/78|敵前逃亡
08回:087/80|066/60
09回:075/77|1次敗退
10回:093/83|064/60
11回:093/82|052/60
以下、CSE2.0導入後戦績
合格最低スコア(一律)↓
1次:2028 2次:602
   1次  2次  計
12回:2195|636|2831
13回:2190|584|2774
14回:2192|602|2794

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者数